ベジブロスで野菜たっぷりスープ

ベジブロスで野菜たっぷりスープ
48kcal
総エネルギー量
約45分
調理時間
約130円
費用目安(1人分)

ベジブロスとは、野菜くずで作っただしのことです。普段は捨ててしまう野菜くずですが、実はとても美味しいだしを取ることができます。汁物は塩分量が多くなってしまいがちなメニューですが、野菜の旨味たっぷりなので、薄味でも満足感のある味に仕上がり、減塩にもつながりますよ。

藤井 歩
管理栄養士
藤井 歩

材料(4人分)

人参 1本
パプリカ 1個
玉ねぎ 1玉
セロリ 1本
1000㏄
小さじ1
顆粒コンソメ 小さじ2
少々
こしょう 少々

作り方

  • 1

    人参はヘタと皮を剥き、いちょう切りにする。
    パプリカはヘタとワタを取り除き、横半分に切って薄切りにする。
    玉ねぎは皮を剥いて根を落とし、横半分に切って薄切りにする。
    セロリは葉を切り取ってスジを取り、5mm幅に切る。

  • 2

    ベジブロスを作る。
    1の野菜のヘタや皮、ワタ、葉などを綺麗に洗って鍋に入れ、水と酒を入れて火にかける。

  • 3

    沸騰したら弱火にし、20分ほど煮る。

  • 4

    鍋の火を止め、目の細かいザルやさらしなどを使ってスープをこしたら、ベジブロスは完成。

  • 5

    4で完成したベジブロスを再度鍋に入れ、1の野菜とコンソメを加えて15分ほど中火で煮込み、野菜に火が通ったら塩、こしょうで味を整える。
    器に盛り付けて完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

今回使った野菜以外にも、大根の皮やトマトのヘタ、カボチャのワタ、とうもろこしの芯、さつまいもの皮などもベジブロスの材料として使えます。

栄養素(1人分)

エネルギー 48kcal ビタミンB2 0.08mg
たんぱく質 1.2g 葉酸 44μg
脂質 0.3g ビタミンC 64mg
炭水化物 11.0g コレステロール 0mg
カルシウム 29mg 食物繊維総量 2.5g
0.4mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.07mg

このレシピの作者

藤井 歩

管理栄養士

大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係の様々な業務に携わっています。

関連するレシピの特徴から探す