こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、乳、ごま)

管理栄養士からのコツ・ポイント

朝食の役割は、寝ている間に下がった体温を上昇させ、脳やカラダを目覚めさせて、その日の活動エネルギーをスムーズにつくりやすくすることです。炭水化物や脂質、たんぱく質をしっかり摂取できるように食べやすくする工夫や、一緒にビタミンB群も摂取して代謝が上がるように意識しましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 496kcal ビタミンB2 0.45mg
たんぱく質 19.9g 葉酸 162μg
脂質 14.1g ビタミンC 57mg
炭水化物 72.0g コレステロール 217mg
カルシウム 233mg 食物繊維総量 12.6g
3.5mg 食塩相当量 2.1g
ビタミンB1 0.42mg

この献立の作者

福田沙恵

管理栄養士
福田沙恵

学生時代にインターンや多方面で予防栄養学を学び、からだ作りには栄養がかかせないことを知る。自宅での料理教室を通して、栄養の大切さを伝えています。現在はモデル、主婦、OLなど、綺麗になりたい女性を主に栄養指導中。

関連する献立の特徴から探す