こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳、りんご、ごま、鶏肉、大豆)

管理栄養士からのコツ・ポイント

噛む回数を増やすことで、満腹中枢が刺激され満足感がアップします。よく噛むことは唾液分泌を促し、消化も助けてくれます。さらに食後は体があたたかくなりますが、この体温の上昇で(運動していなくとも)エネルギーを消費します。 早食べの癖のある方も、今日のようにきのこ、切り干し大根、わかめや、プチトマトなど噛みごたえのある食材を取り入れることで自然とよく噛むことができますよ。

栄養素(1人分)

エネルギー 531kcal ビタミンB2 0.36mg
たんぱく質 22.3g 葉酸 112μg
脂質 14.3g ビタミンC 28mg
炭水化物 80.9g コレステロール 80mg
カルシウム 187mg 食物繊維総量 8.4g
2.2mg 食塩相当量 2.7g
ビタミンB1 0.45mg

この献立の作者

ダイエットプラス管理栄養士

ダイエットプラス管理栄養士

「正しく食べてやせる」ダイエットを実践できる、様々なダイエットサポートサービスを提供。やせない理由がわかる「ダイエット診断」ほか、管理栄養士考案のレシピやコラムをダイエットプラスサイトにて配信中。
ダイエットプラスラボ(銀座)やダイエットプラスコールでは、食事改善をメインとした、管理栄養士によるダイエットサポートサービスを提供しています。

関連する献立の特徴から探す