こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、小麦、大豆、キウイ、豚肉)

管理栄養士からのコツ・ポイント

小松菜には抗酸化ビタミンであるβ-カロテンが豊富に含まれていますので、アンチエイジングや生活習慣病予防などの効果が期待できます。β-カロテンは脂溶性なので、油で炒める事で吸収率が高まります。また、日本人に不足しがちなカルシウムも豊富に含まれ、骨の健康維持につながります。

栄養素(1人分)

エネルギー 522kcal ビタミンB2 0.52mg
たんぱく質 26.6g 葉酸 210μg
脂質 14.4g ビタミンC 82mg
炭水化物 69.2g コレステロール 148mg
カルシウム 242mg 食物繊維総量 8.8g
4.9mg 食塩相当量 2.7g
ビタミンB1 0.76mg

この献立の作者

藤井 歩

管理栄養士
藤井 歩

大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係の様々な業務に携わっています。