こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、えび、ごま、大豆、鶏肉、キウイ)

管理栄養士からのコツ・ポイント

野菜を主役にしてしまうとどうしても味が物足りず調味料も多く使用してしまいがちです。そんな時にはひき肉やしらすなどちょっと使いが可能なお肉やお魚を使用されることもおすすめです。ひき肉をプラスすると動物性の脂特有の甘みが加わるので、野菜料理でもコクが生まれやすくなります。今回の白菜の炒め煮はレンジ加熱で調理していますが、電子レンジを使用すると水溶性のビタミンCの流出も防ぐことができるというメリットもありますよ。

栄養素(1人分)

エネルギー 514kcal ビタミンB2 0.32mg
たんぱく質 25.1g 葉酸 183μg
脂質 12.8g ビタミンC 84mg
炭水化物 70.2g コレステロール 160mg
カルシウム 172mg 食物繊維総量 6.7g
2.6mg 食塩相当量 2.9g
ビタミンB1 0.39mg

この献立の作者

堀江 久美子

管理栄養士
堀江 久美子

保育園や小学校に勤務し、給食管理や食育指導に携わる。現在は子育てをしながらダイエットプラスにてダイエットプラスアプリトレーナーとして活動中。食事の改善を試みている方だけではなく、子供から大人までおいしく食を楽しみ、心も身体も健康な生活を送ることができるような献立をご提案します。