ピリ辛トマトスンドゥブ

ピリ辛トマトスンドゥブ
165kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約210円
費用目安(1人分)

トマトの色素に含まれる「リコピン」は強い抗酸化作用を持ち、血糖値を下げるだけでなく、動脈硬化の予防や美肌効果などがあります。生でも加熱しても美味しいので、ぜひ食卓に取り入れていきたい食材です。

藤井 佑里子
管理栄養士/フードコーディネーター
藤井 佑里子

材料(1人分)

絹豆腐 1/4丁
キムチ 大さじ2
トマト缶 1/8缶
豚こま切れ肉 1/5パック(30g)
長ねぎ 1/5本
えのき茸 1/3パック
醤油 小さじ1/2
ごま油 小さじ1/2
120cc
小ねぎ 適宜

作り方

  • 1

    豚肉は食べやすい大きさに切る。長ねぎは斜め薄切りにする。えのき茸は石づきを取る。

  • 2

    小鍋にごま油を熱し、1の材料とキムチを炒める。

  • 3

    水、トマト缶、醤油を加え、煮立ったら大きめに切った豆腐を入れて煮込む。

  • 4

    器に盛り付け、小口切りにした小ねぎを散らす。

管理栄養士からのコツ・ポイント

初めにキムチを炒めることでコクと香りが出ます。ご飯を入れると簡単な夜食にもなりますよ。

栄養素(1人分)

エネルギー 165kcal ビタミンB2 0.22mg
たんぱく質 13.1g 葉酸 80μg
脂質 8.1g ビタミンC 17mg
炭水化物 11.2g コレステロール 21mg
カルシウム 93mg 食物繊維総量 4.1g
2.0mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.49mg

このレシピの作者

藤井 佑里子

管理栄養士/フードコーディネーター

大手食品メーカーにて長年レシピ開発や外食・給食産業へのメニュー提案、食育講師を経験。
現在は、特定保健指導、メニュー開発、記事の監修、セミナー講師等を務める。
美容師国家資格も取得しており、女性向けの美容と健康をつなげた提案も得意とする。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。