ささみのくるっとチーズ巻き

春の季節を感じるおかずレシピ♪お花見などお出かけ時のお弁当作りで、「あと一品加えたい!」そんな方におすすめの一品です。隠し味に粒マスタードを加えて巻くことで、ソースなどを付けなくてもそのまま食べられるため、カロリーカットができます!我慢している揚げ物を食べたいときこそ、このようなひと工夫を参考にしてみてはいかがでしょうか?

材量1人分
  • 鶏ささみ50g
  • プロセスチーズ10g
  • 青じそ2枚
  • 粒マスタード小さじ1
  • ☆薄力粉小さじ2
  • ☆水大さじ1
  • パン粉(乾燥)5g
  • オリーブオイル大さじ1
栄養素1人分
エネルギー223kcal ビタミンB20.11mg
たんぱく質16.4g 葉酸13μg
脂質13g ビタミンC1mg
炭水化物8.7g コレステロール34mg
カルシウム82mg 食物繊維0.5g
0.6mg 食塩相当量0.6g
ビタミンB10.09mg
  • 1鶏ささみは観音開きにし、上下ラップで挟み、めん棒などで薄くなるまで叩いて伸ばす。
  • 2青じそは根元を除く。プロセスチーズは鶏ささみに合わせ、縦3等分位に切る。☆は混ぜ合わせる。
  • 3伸ばした鶏ささみの上に青じそを並べ、粒マスタードを塗り、プロセスチーズをのせて巻く。
  • 4③を☆・パン粉の順に付ける。
  • 5フライパンにオリーブオイルを熱し(強火)、④を並べ、きつね色になるまで揚げ焼きにする。
  • 6粗熱が取れたら、6等分に切り、皿に盛り付ける。

コツ・ポイント

お好みで梅肉やにんじんなどの具材を巻いてもよいです。
揚げ焼きにする場合、オリーブオイルが足りない場合は少し追加しながら調整してみて下さい。

このレシピの作者

管理栄養士、国際薬膳師、国際薬膳調理師、ヘルスフードカウンセラー 高木 祐香
フリー管理栄養士。幼少期より闘病生活を経験したことを機に、癒しの「食医」を目指す。「こころもカラダも幸せにする食を。」をモットーに、現代栄養学と中医薬膳学の両面からアプローチできる専門家として、料理講師、レシピ開発、コラム執筆、食事カウンセリングなど、食とヘルスケアの分野で活動中。
高木祐香@ココロも癒す!料理×薬膳・漢方

カテゴリ別でレシピを探す

目的別でレシピを探す