エビと豆腐の重ね焼き

エビと豆腐の重ね焼き
140kcal
総エネルギー量
約60分
調理時間
約90円
費用目安(1人分)

エビを使ったタネを豆腐にのせて焼いた1品。ポン酢につけながらいただくことで塩分控えめにすることができます。

藤岡華代
管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト
藤岡華代

材料(2人分)

木綿豆腐 1/2丁
えび(むき身) 70g
ポン酢しょうゆ 適量
合わせ調味料A
小さじ1/2
少々
こしょう 少々
長ねぎ(みじん切り) 大さじ1
しょうが汁 小さじ1/2
片栗粉 小さじ2
ゴマ油 小さじ2

こんな人は要注意!

  • アレルギー (えび)

作り方

  • 1

    豆腐は横に半分に切り、さらに2等分してペーパータオルの上に置き水気を取っておく。えびは背ワタを取って洗い、ペーパータオル等で水気を取り除いたら、粗みじん切りにしておく。

  • 2

    えびをボールに移し合わせ調味料Aを加えて練り、そこに卵白、片栗粉を加えてさらに練り、4等分に分ける。

  • 3

    豆腐に片栗粉を軽くまぶし、②を豆腐の上にのせて全体に広げる。

  • 4

    フライパンにゴマ油を熱し、③をえびが下になるように入れて両面こんがりと焼く。

  • 5

    皿に盛り付けて、ポン酢を添えたら完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

エビのタネが豆腐からはみ出す場合は、焼きはじめにヘラなどで形を整えると仕上がりがきれいになります。

栄養素(1人分)

エネルギー 140kcal ビタミンB2 0.05mg
たんぱく質 12.2g 葉酸 26μg
脂質 7.4g ビタミンC 3mg
炭水化物 5.1g コレステロール 56mg
カルシウム 92mg 食物繊維総量 0.4g
1.3mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.07mg

このレシピの作者

藤岡華代

管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト

飲食店、ホテルレストランに対して、ターゲット顧客に合ったレシピの開発を行う。また、自身の経験をいかし、「妊活」(妊娠に備えて心と身体を整える活動)中の女性、離乳食や幼児食の他、ライフスタイルに合わせた具体的で実践しやすい食事カウンセリングに定評がある。

関連するレシピの特徴から探す