水菜と焼き椎茸のピリ辛ごま和え

水菜と焼き椎茸のピリ辛ごま和え
81kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間
約90円
費用目安(1人分)

野菜の中でもカルシウムが多い水菜は生でも食べられますが、さっと湯をかけることでカサが減り、たっぷり量をとることができます。ごまの香りも良く、ピリッと辛みの効いた七味がアクセントになり美味しく減塩できます。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

水菜 1茎 (70g)
椎茸 2枚 (30g)
合わせ調味料
すりごま 大さじ1 (8g)
砂糖 小さじ1/2 (2g)
しょうゆ 小さじ1/2 (3g)
七味唐辛子 少々

作り方

  • 1

    水菜は茎部分を2cmほど切り落とし流水で洗う。5cm幅に切り、ザルに入れて熱湯を回しかける。さらに冷水をかけ水気を切る。

  • 2

    椎茸は千切りにしてアルミホイルに重ならないように並べ、トースターでしんなりするまで焼く。

  • 3

    合わせ調味料をボウルに入れ混ぜ合わせ、ペーパーでしっかりと水気をとった①と②を入れて混ぜ合わせ、器に盛る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

野菜不足を感じたときにさっと手早くできる1品です。

栄養素(1人分)

エネルギー 81kcal ビタミンB2 0.19mg
たんぱく質 4.3g 葉酸 124μg
脂質 4.5g ビタミンC 39mg
炭水化物 9.0g コレステロール 0mg
カルシウム 245mg 食物繊維総量 4.4g
2.4mg 食塩相当量 0.5g
ビタミンB1 0.14mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院栄養士を経て現在フリーの管理栄養士として、特定保健指導、料理教室講師、子ども料理番組のレシピ作成などに従事。仮面ライダー鎧武DVD(第十巻)特典映像にて調理講師として出演。日本酒が好きなことから、「低エネルギー・低塩の“美味しく飲める”酒の肴」を日々研究中。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。