厚揚げと白菜の中華風あさり蒸し

厚揚げと白菜の中華風あさり蒸し
209kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間
約140円
費用目安(1人分)

あさりには、貝の旨味成分であるコハク酸がたくさん含まれています。旨味たっぷりの汁を逃さないよう、白菜と厚揚げを加え、蒸し煮にしました。にんにくとごま油が効いた中華風の味付けは、あさりとの相性も抜群です♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(1人分)

あさり 8粒
白菜 50g
厚揚げ 100g
にんにく(チューブ) 2cm
ごま油 小さじ1
酒(清酒) 小さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1/4
少々
青ネギ 少々

作り方

  • 1

    あさりは50℃のお湯に漬け、15分放置して砂抜きをする。

  • 2

    白菜はざく切りにする。厚揚げは一口大に切り分ける。

  • 3

    フライパンにごま油とにんにくを入れて火にかける。香りが出たらあさりと白菜、厚揚げを加えて炒める。酒と鶏ガラスープの素を入れ、蓋をして2分ほど蒸し煮にする。貝の口がしっかり開いたら塩で味を整え、火を止める。

  • 4

    器に盛り付け、小口切りにした青ネギを飾れば完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

あさりの砂抜きは通常は海水濃度の塩水に漬けて数時間置きますが、50℃のお湯に漬けることであさりにストレスがかかり、短時間で砂を吐き出します。

栄養素(1人分)

エネルギー 209kcal ビタミンB2 0.08mg
たんぱく質 12.3g 葉酸 59μg
脂質 15.4g ビタミンC 11mg
炭水化物 3.9g コレステロール 6mg
カルシウム 276mg 食物繊維総量 1.4g
3.4mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.09mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す