さやいんげんのオイスター炒め

さやいんげんのオイスター炒め
92kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間
約330円
費用目安(1人分)

さやいんげんをごま油で炒め、オイスターソースで味付けした中華風の炒め物です。煮物などの彩りに使われることが多いさやいんげんですが、炒め物にするとシャキシャキとした食感を楽しめるので、主役として使うのもお勧めです。β-カロテンが豊富な緑黄色野菜なので、栄養満点の副菜となっていますよ♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(1人分)

さやいんげん 100g
ハム 1枚
ごま油 小さじ1
小さじ1
オイスターソース 小さじ1

作り方

  • 1

    さやいんげんは5cmほどの長さに斜めに切る。ハムも同じ長さに細切りする。

  • 2

    フライパンにごま油を熱し、さやいんげんを1~2分炒める。油がなじんだらハムと酒を入れ、蓋をして中火で1分蒸し焼きにする。蓋をとり、水分がとぶよう軽く炒めたら一度火を止める。オイスターソースを加えて再び火にかけ、調味料がなじんだら火を止め、器に盛り付ければ完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

さやいんげんは筋がある場合は取り除いてください。火が強い状態で調味料を入れると焦げやすいので、一旦火を止めてからオイスターソースを入れて再加熱するのがお勧めです。

栄養素(1人分)

エネルギー 92kcal ビタミンB2 0.13mg
たんぱく質 4.1g 葉酸 51μg
脂質 5.6g ビタミンC 11mg
炭水化物 6.6g コレステロール 6mg
カルシウム 50mg 食物繊維総量 2.4g
0.8mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.13mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す