ツナマヨでお手軽恵方巻

ツナマヨでお手軽恵方巻
397kcal
総エネルギー量
約45分
調理時間
約220円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

恵方巻は、節分にその年の恵方を向いて無言で食べると良いとされている太巻き寿司です。具材は七福神にちなんで7種類用いられることが多いですが、今回は手軽にツナの水煮缶を使用してカロリー控えめのヘルシーな恵方巻に仕上げました!

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(2人分)

ご飯 軽く2膳(280g)
Sサイズ2個
少々
小さじ1/2
きゅうり 縦1/4本
にんじん 1cm厚さ
めんつゆ(ストレート) 小さじ1/2
ツナ水煮缶 1缶
マヨネーズ 大さじ1
焼きのり 1枚
すし酢
小さじ2
小さじ1/4
砂糖 小さじ1
手と包丁につけるお酢
大さじ1/2

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵)

作り方

  • 1

    すし酢の調味料を合わせ電子レンジ600Wで10秒加熱して混ぜ砂糖を溶かす。温かいご飯にすし酢をまわしかけ、うちわであおぎながら切るように混ぜる。

  • 2

    卵はボウルに割入れ塩を加えよく溶きほぐし、油を熱したフライパンで厚焼き玉子を作る。皿に取り出しあら熱をとり、1cm角の棒状に切り分ける。

  • 3

    きゅうりは端を落とし、縦4等分に切る。

  • 4

    小鍋に水を入れ火にかけ沸騰させる。にんじんはせん切りにして沸騰湯で1分ほど茹でる。ざるにあげ水気を切り、ペーパーなどでおさえを水気をしっかり切る。皿に入れめんつゆをかけ、軽くもみこみ味をなじませる。

  • 5

    ツナ缶は水気をしっかり切り、ボウルに入れる。マヨネーズを加えしっかり混ぜ合わせる。

  • 6

    まきすの上にのりを横長におき、手に酢を適量つけて酢飯をのりの上にのせ、奥を2cmほどあけて酢飯を全体に広げる。厚焼き玉子、きゅうり、にんじん、ツナマヨをのせる。

  • 7

    手前の巻きすとのりを両手親指と人差し指でつかみ、残りの指で具を押さえながら手前のご飯と向こう側のご飯の端に合わせるようにして一気に巻く。続けて巻きすだけ向こう側に押し出し最後にぎゅっと握り成形し、巻き終わりを下にして置く。お酢を湿らせたペーパーで包丁をふき、半分に切り分ける。

管理栄養士からのコツ・ポイント

しょうゆを使う場合は1人分で小さじ1/2杯程度にしましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 397kcal ビタミンB2 0.25mg
たんぱく質 15.7g 葉酸 60μg
脂質 11.1g ビタミンC 6mg
炭水化物 56.0g コレステロール 188mg
カルシウム 41mg 食物繊維総量 3.1g
1.3mg 食塩相当量 1.5g
ビタミンB1 0.09mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。フリーの管理栄養士。病院栄養士を経て、特定保健指導や料理教室講師、企業向けの講演講師などに従事。現在はレシピ開発や献立作成業務をメインに活動中。手軽に出来る食事作りのヒントを発信していきます。

関連するレシピの特徴から探す