キャベツとたけのこの四川風炒め

キャベツとたけのこの四川風炒め
227kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約160円
費用目安(1人分)

ピリッとした辛みが特徴の四川風炒め。ご飯によく合う一品なので、ご飯にかけて丼にするのもおすすめです。花椒はあまりなじみのない香辛料ですが、料理に加えることでグッと本格的な味に仕上がりますよ。辛いのがお好きな方は花椒をふやしてもOKです。

藤井 歩
管理栄養士
藤井 歩

材料(2人分)

キャベツ 1/8玉
たけのこ(水煮) 1個
合いびき肉 150g
合わせ調味料A
トウバンジャン 小さじ1/2
しょうゆ 小さじ1
砂糖 小さじ1
大さじ1/2
おろししょうが 小さじ1/2
おろしにんにく 小さじ1/2
花椒(パウダー) 少々

作り方

  • 1

    キャベツは食べやすい大きさに切り、たけのこは7~8mm幅の薄切りにする。

  • 2

    合わせ調味料Aをしっかりと混ぜ合わせておく。

  • 3

    フライパンに合いびき肉を入れて中火にかけ、色が変わるまで炒める。
    さらに1のキャベツを加えてしんなりするまで炒め、たけのこを加えてザッと炒め合わせる。

  • 4

    合わせ調味料Aを入れ、全体に味がなじむまで炒め合わせ、器に盛り付けて完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

炒め油を使わず、合いびき肉から出た脂を使って炒めることで脂質を抑え、カロリーオフにつながります。

栄養素(1人分)

エネルギー 227kcal ビタミンB2 0.2mg
たんぱく質 14.9g 葉酸 62μg
脂質 14.6g ビタミンC 28mg
炭水化物 7.3g コレステロール 0mg
カルシウム 40mg 食物繊維総量 1.8g
1.7mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.32mg

このレシピの作者

藤井 歩

管理栄養士

大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係の様々な業務に携わっています。

関連するレシピの特徴から探す