なぜ野菜から?「食べる順番」が本当に大切な理由って?

ダイエットを行うにあたり辛い運動は避けたいもの。でも食べることは大好き!なんて方ににおすすめなのが「食べ順ダイエット」です。これは食事で食べる順番を意識するだけでダイエット効果に繋がると言われているお手軽な方法です。今回は成功するための3つのポイントを含めてご紹介します!

食べ順ダイエットの方法

「食べ順ダイエット」とはその名の通り食べる順番を変えるというシンプルなダイエット方法です。

1.<汁物、野菜>
体を温める味噌汁やスープなどからスタートします。
また、食物繊維やビタミン、ミネラルがなど栄養豊富な野菜を食べましょう。
2.<メインディッシュ>
肉や魚、大豆製品、卵など、たんぱく源であるメインディッシュ(主菜)を食べます。
4.<主食>
一番最後に糖質が多いお米やパン、麺類などを食べるようにします。

成功するための3つのポイント

ポイント1:血糖値の上昇を抑えることができる

血糖値を上げやすいのは糖質を多く含む炭水化物である主食です。炭水化物は消化・吸収後エネルギーの元となるので血糖値の急上昇に繋がります。人は血糖値をコントロールするために「インスリン」というホルモンが分泌されます。しかしインスリンは血糖値を抑えるだけでなく、通常よりも多く分泌されてしまうと脂肪を蓄える働きがあり、太りやすい身体を作ってしまう原因となってしまう場合があります。

今のダイエットでは、この血糖値を急激に上昇させないことが、太りにくい体を作るポイントとなります。食べ順ダイエットでは、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食物繊維を豊富に含む野菜を先に食べることで、血糖値の急激な上昇を抑えることができると言われています。さらに、野菜やたんぱく質を先に食べるおかげで、炭水化物の食べ過ぎを防ぐことにも期待ができますよ。

ポイント2:炭水化物の食べ過ぎを防ぐことができる

満腹感を感じることは大事です。空腹時や急いで食べている時は、噛む回数が減ってしまうので満腹感を感じる前にドカ食いをしてしまいがち。しかし、食物繊維を多く含む野菜などはよく噛まないと食べることができないうえに、お腹の中で膨らむので満足感に繋がります。この結果、「食べたいけど、ダイエット中だから我慢しなくちゃ!」といったストレスがあまりないので、継続することが簡単だと言われています。

ポイント3:栄養バランスが整う

日本人は野菜不足に陥りがちだと言われているうえに、ダイエットといって食事制限をしてしまうとより不足に繋がり、栄養バランスが悪化しますよね。しかし食べ順ダイエットでは、食事の最初に野菜を食べてから主菜、主食を食べていく方法なので、自然と野菜不足も解消されるのではないでしょうか?また、主食と主菜、副菜、汁物などが揃っている食事をすると栄養バランスも整うので一石二鳥ですね♪

▶【食事制限ナシ!】食べてやせるヘルシーレシピがあった?!

食べ順ダイエットの効率アップに必要なこと

よく噛んでゆっくり時間をかけて食べる

よく噛んで食べることは、ダイエットにおいても重要です。よく噛むことで、満腹中枢が刺激されて満腹感や消化吸収のアップに役立ちます。満腹感が得られれば、我慢することなく食事の量も自然と減るでしょう。よく噛むためのメニュー選びもポイントになります。海藻や根菜類、カサが多い生野菜サラダなどがおすすめです。できれば30回を目標に噛んでみましょう。

運動を取り入れる

食べ順ダイエットは、結果を感じるまでに少し時間を要するかもしれません。体脂肪がつきにくくなるメリットはありますが、さらに脂肪を燃焼させるためには適度な運動がおすすめです。筋肉量を増やせば自然と基礎代謝もあがり、よりやせやすく、脂肪燃焼しやすい身体作りに繋がると言われています。普段使わない階段を使ってみたり、時間のある時に一駅分歩いてみたり、日常生活の中で無理のない範囲内で身体を動かすことを意識してみましょう。

▶管理栄養士が指摘! 「ダイエッターが犯しがちな間違い習慣」ベスト3

食べ順ダイエットのまとめ

食べ順ダイエットは身体的にも精神的にも負担が少なく始めることができるダイエットです。いつもの食事で食べる順番を変えるだけという手軽さと、野菜を意識して摂るため健康的な食生活になるというメリットもあります。食べ順ダイエットをより効果的にするために、運動もとりいれて健康的に体脂肪を減らす身体を作りましょう。

ダイエット中の疑問

世の中にあふれる様々なダイエット方法。
色々試してみる前にまずはからだの基本的な事を学んでみませんか?