HOME  > ダイエットQ&A  > なぜ野菜から?「食べる順番」が本当に大切な理由って?

なぜ野菜から?「食べる順番」が本当に大切な理由って?

「食べ順ダイエット」の方法、注意点は?

とってもシンプル

食べ順ダイエットで気をつけるのは、以下の順番で食事をいただく事です。

①食物繊維が豊富な「野菜」や体内を温める「汁物」から取り入れる
②肉や魚、卵や大豆製品の「おかず」を食べる
③糖質が多く血糖値が上がりやすい「ごはん」は一番最後に

最初に食物繊維の豊富な野菜を食べてから、たんぱく質のおかずを食べ、最後にご飯を食べましょう。そのような食べ方をすることで血糖値があがりにくく太りにくい食べ方に繋がりますよ。更に以下の「注意ポイント」も意識して食事を摂ってみてください。

■【やせる食事法が本当にあった!?】食事制限は一切せずにラクしてダイエットをする方法って?!

注意ポイントは?

①最初に食べる野菜は緑黄色野菜や淡色野菜、きのこや海藻類、食物繊維の多い食べ物などを取り入れるように意識しましょう。大根やレンコンなどの根菜類や、とうもろこし、カボチャ、イモ類、豆類は糖質が多いため、たんぱく質系のおかずの後に。また、お煮しめなどお砂糖で甘く味付けされているものも、たんぱく質系のおかずの後に食べましょう。


②ご飯は最後にを心がけましょう。ダイエットのためにはご飯のおかずでご飯を食べるのではなく「ご飯はごはんだけ」でよく噛んで味わって食べましょう。雑穀を混ぜれば噛む回数も増えます。おなかが満足したら、感謝とともにごちそうさまを。残ったご飯は冷凍すればもったいなくないですね。

食べる順番を変えることがなぜダイエットになるの?

①血糖値上昇の抑制

最近のダイエットでは、血糖値を急激に上昇させないことが、太りにくい体を作る鍵となります。このため食物繊維の多い野菜から食べることで血糖値の急激な上昇を抑えましょう。また血糖値が急上昇すると、インスリンを大量に分泌させ、血糖値を下げようとします。このインスリンは脂肪の合成も促進します。血糖の調整が追いつかなくなって余った血糖(ブドウ糖)が脂肪として蓄えられるようになり太りやすくなるため要注意です。

②満腹感

食物繊維はよく噛まないと食べることができません。そのため噛む回数が自然と増えて、満腹感につながります。満足感が高まる結果、食べたいけれど我慢!というストレスのかかるダイエットではないため、ずっと続けることができます。

③栄養バランス

「食べ順ダイエット」ではまず、野菜を食べ、主菜の肉や魚、大豆製品や卵のたんぱく質系のおかず、最後にご飯を食べます。野菜を意識して食べることで、日本人に不足しがちな食物繊維を摂ることができます。

しかも副菜・主菜・主食の揃った食事で栄養バランスが整いますよ♪

■ダイエット中の【カロリー計算】はもう不要?! その場で簡単!食事バランスが整う方法とは?

食べ順ダイエットでは「食べる時間」にも意識を

ご飯までに10分かけましょう!

太る原因は早食いとも言われています。早食いの方は総じて、噛まないで食べられるものを早く沢山食べるため、食物繊維が足りていません。また食事が20分以内で終わってしまう方は早食い傾向有り!

野菜を食べてから10分以上経過することにより、血糖値の急激な上昇が抑えられるため、食事を始めてから10分以上経ってからご飯を食べることもポイントです。

まとめ

カロリーを減らすだけのダイエットは、栄養バランスが崩れ筋肉量も減る可能性があります。その結果、代謝も下げてしまうのでリバウンド率が高くなります。好きな食べ物を我慢するだけのダイエットも長続きはしません。

よく噛むことで、素材のおいしさを見つけだすこともできる「食べる順番ダイエット」。食べることを楽しみながら健康的にダイエットしていきましょう!

ダイエット中の疑問

世の中にあふれる様々なダイエット方法。
色々試してみる前にまずはからだの基本的な事を学んでみませんか?