こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、大豆、豚肉)

管理栄養士からのコツ・ポイント

薬味やトッピングとして利用することも多い長ねぎ。長ねぎには「硫化アリル」という成分が含まれ、血液をサラサラにし、身体を温めて血行を促すため、血圧のコントロールにも役立ちますよ。 緑の葉の部分は緑黄色野菜に分類され、白い部分よりも多くのビタミンやミネラルなども含みます。長ねぎはじっくり加熱調理をすることで甘みも出てくるので、汁物や煮物などにも活用していきましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 521kcal ビタミンB2 0.48mg
たんぱく質 24.3g 葉酸 180μg
脂質 13.2g ビタミンC 80mg
炭水化物 75.6g コレステロール 168mg
カルシウム 163mg 食物繊維総量 6.7g
4.2mg 食塩相当量 2.4g
ビタミンB1 0.87mg

この献立の作者

堀江 久美子

管理栄養士
堀江 久美子

保育園や小学校に勤務し、給食管理や食育指導に携わる。現在は子育てをしながらダイエットプラスにてダイエットプラスアプリトレーナーとして活動中。食事の改善を試みている方だけではなく、子供から大人までおいしく食を楽しみ、心も身体も健康な生活を送ることができるような献立をご提案します。