カップ寿司

カップ寿司
340kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約220円
費用目安(1人分)

マグロに豊富なDHA・EPAには、悪玉(LDL)コレステロールを減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やして総コレステロール値を下げる働きがあります。ちらし寿司もいいけれど、ちょっぴりおめかししたカップ寿司はいかがでしょうか。酢飯と具を交互に盛り付けるだけだから簡単におしゃれなカップ寿司ができます。

藤岡華代
管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト
藤岡華代

材料(1人分)

ご飯 100g
寿司酢 小さじ2
白ごま 小さじ1/2
★卵 1/2個
★塩 少々
★砂糖 小さじ1/2
マグロ(刺身用) 1/4さく(50g)
アボカド 1/10個
大葉 1枚

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵)

作り方

  • 1

    温かいご飯に寿司酢を混ぜ合わせる。卵に★を加えて混ぜ合わせ、炒り卵にする。

  • 2

    マグロは薄切り(仕上げ用)を5枚作り、アボカドは2枚仕上げ用に切る。

  • 3

    カップに①の酢飯と炒り卵の半量を交互にのせる。

  • 4

    仕上げに薄切りにしたマグロを巻いてバラの形に整えて大葉とアボカド、残りの炒り卵を飾り付け、白ごまをちらす。

管理栄養士からのコツ・ポイント

薄切りのマグロはまな板の上に並べ、芯の部分からきつめに巻いていく。巻けたら、少し開いて花の形に整えるときれいにできますよ。マグロやアボカドが余ったら角切りにして、炒り卵と一緒に酢飯の間に盛り付ける。

栄養素(1人分)

エネルギー 340kcal ビタミンB2 0.21mg
たんぱく質 20.1g 葉酸 39μg
脂質 8.4g ビタミンC 4mg
炭水化物 43.7g コレステロール 151mg
カルシウム 37mg 食物繊維総量 2.7g
1.5mg 食塩相当量 0.8g
ビタミンB1 0.12mg

このレシピの作者

藤岡華代

管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト

飲食店、ホテルレストランに対して、ターゲット顧客に合ったレシピの開発を行う。また、自身の経験をいかし、「妊活」(妊娠に備えて心と身体を整える活動)中の女性、離乳食や幼児食の他、ライフスタイルに合わせた具体的で実践しやすい食事カウンセリングに定評がある。

関連するレシピの特徴から探す