切り干し大根と牛肉の韓国風炒め

切り干し大根と牛肉の韓国風炒め
236kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約280円
費用目安(1人分)

切り干し大根は常温で保存できるので、ストックしてある家庭も多いのではないでしょうか。切った大根を天日干しして作るので、太陽の光で糖化され甘みがさらに増し、栄養価も増加するのも嬉しい食材です。食物繊維を豊富に含むので、糖質の吸収を穏やかにしてくれます。

藤岡華代
管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト
藤岡華代

材料(1人分)

切り干し大根 ひとつかみ
牛肉こま切れ 2/5パック(60g)
人参 4cm(40g)
シイタケ 1枚
ニラ 2本
ゴマ油 小さじ1/2
かつお節 1袋
炒りゴマ 小さじ1
★砂糖 小さじ1/2
★しょう油 小さじ1/2
★コチュジャン 小さじ1/4
★ニンニク(すりおろし) 小さじ1/4

作り方

  • 1

    切り干し大根は戻して水気を切る。牛肉は細切り、人参は千切り、シイタケは薄切り、ニラは4cm幅に切る。

  • 2

    フライパンにゴマ油を熱し、切り干し大根と牛肉を炒め、肉の色がだいたい変わったら人参とシイタケを加え、★と水大さじ1/2を合わせて加える。

  • 3

    最後にニラとかつお節、炒りゴマを加えてさっと炒める。

管理栄養士からのコツ・ポイント

辛いのが苦手な人は、コチュジャンを味噌にかえてもおいしくできます。

栄養素(1人分)

エネルギー 236kcal ビタミンB2 0.24mg
たんぱく質 17.0g 葉酸 58μg
脂質 12.0g ビタミンC 8mg
炭水化物 15.9g コレステロール 47mg
カルシウム 106mg 食物繊維総量 4.5g
2.0mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.18mg

このレシピの作者

藤岡華代

管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト

飲食店、ホテルレストランに対して、ターゲット顧客に合ったレシピの開発を行う。また、自身の経験をいかし、「妊活」(妊娠に備えて心と身体を整える活動)中の女性、離乳食や幼児食の他、ライフスタイルに合わせた具体的で実践しやすい食事カウンセリングに定評がある。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。