長なすのインボルティーニ

長なすのインボルティーニ
244kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間
約350円
費用目安(1人分)

イタリアの家庭料理で並ぶインボルティーニとはイタリア語で「包む」「巻く」という意味。今回は旬の長なすを使って、豚肉やトマト・フレッシュなモッツァレラチーズを巻いてボリュームアップにもなります。ジューシーな食感を楽しめる他、お弁当などにもおすすめの一品です。

高木 祐香
管理栄養士、国際薬膳師、国際薬膳調理師、ヘルスフードカウンセラー
高木 祐香

材料(1人分)

長なす 小1本(70g)
豚もも薄切り肉 2枚(55g)
少々
黒こしょう 少々
モッツァレラチーズ(チェリータイプ) 2個(20g)
プチトマト 3個
オリーブオイル 小さじ1
大さじ1
☆粒マスタード 小さじ1/2
☆みりん 小さじ1
☆黒こしょう 少々
ルッコラ 5枚

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳)

作り方

  • 1

    長なすはヘタを除き、幅5mmの縦薄切りにし、水にさらす(5分~)。水気を除き、両面に塩をまぶし、バットに並べる(10分位)。

  • 2

    プチトマトはヘタを除く。ルッコラは長さ3cm位に切る。

  • 3

    ①の水気を除き、豚肉をのせ、黒こしょうをふり、下味を付ける。

  • 4

    ③の上にモッツァレラチーズ・プチトマトをそれぞれのせて巻き、巻き終わりを爪楊枝で刺す。

  • 5

    フライパンにオリーブオイルを熱し、④を並べ、焼き色を付ける(中火)。

  • 6

    酒を加え、フタをし、蒸し焼きにし(2分~)、火が通ったらバットに取り出す。

  • 7

    同じフライパンに☆を加え、煮詰め(2分位)、粗熱が取れたらグラスに注ぐ(ソース)。

  • 8

    皿に盛り付け、ルッコラ・ソースを添える。

管理栄養士からのコツ・ポイント

長なすを選ぶときは、できる限り長さがあるものにすると、巻きやすいです。

栄養素(1人分)

エネルギー 244kcal ビタミンB2 0.24mg
たんぱく質 17.4g 葉酸 62μg
脂質 12.0g ビタミンC 23mg
炭水化物 11.9g コレステロール 49mg
カルシウム 121mg 食物繊維総量 2.4g
1.4mg 食塩相当量 0.8g
ビタミンB1 0.6mg

このレシピの作者

高木 祐香

管理栄養士、国際薬膳師、国際薬膳調理師、ヘルスフードカウンセラー

フリー管理栄養士。幼少期より闘病生活を経験したことを機に、癒しの「食医」を目指す。「こころもカラダも幸せにする食を。」をモットーに、現代栄養学と中医薬膳学の両面からアプローチできる専門家として、料理講師、レシピ開発、コラム執筆、食事カウンセリングなど、食とヘルスケアの分野で活動中。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。