えびと青梗菜のスープ

えびと青梗菜のスープ
41kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間
約160円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

春雨のかわりにしらたきを使って、カロリーダウンしても食べごたえのあるスープ。おろしにんにくを加えることで、コクが出て塩分控えめでも満足感のある仕上がりとなります。えびのかわりに、豚肉や鷄肉、豆腐などでアレンジしても美味しいですね。

矢島南弥子
管理栄養士・フードコーディネーター
矢島南弥子

材料(2人分)

えび 4尾
青梗菜 1株
しらたき 1/2袋(50g)
1と1/2カップ
ラー油 適量
合わせ調味料A
鶏がらスープの素 小さじ1
おろしにんにく 1片分
小さじ1
少々
こしょう 少々

こんな人は要注意!

  • アレルギー (えび)

作り方

  • 1

    青梗菜は食べやすく切る。えびは殻を剥いて背に切込を入れて背わたをとる。

  • 2

    鍋に、水、合わせ調味料Aを加えて煮立てる。青梗菜、えび、しらたきを加えてさっと煮る。

  • 3

    器に盛り、お好みでラー油を回しかける。

管理栄養士からのコツ・ポイント

青梗菜は、カロテン、ビタミンC、食物繊維が豊富です。カロテンは油と一緒に摂ることで吸収がよくなる脂溶性の栄養素。炒めたり、まわしかけたりと油と組み合わせて摂ることで、栄養素を効果的に摂取します。

栄養素(1人分)

エネルギー 41kcal ビタミンB2 0.05mg
たんぱく質 6.2g 葉酸 42μg
脂質 0.3g ビタミンC 12mg
炭水化物 3.1g コレステロール 45mg
カルシウム 91mg 食物繊維総量 1.5g
0.8mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.04mg

このレシピの作者

矢島南弥子

管理栄養士・フードコーディネーター

懐石料理、西洋料理、薬膳料理、フードコーディネートを学び、フードコーディネーターとして雑誌や書籍のレシピ制作や広告撮影に携わる。また、管理栄養士として、ダイエットレストランや、ホテルフェアの監修、クリニックにて栄養指導に従事、資格を活かした実績も多い。

関連するレシピの特徴から探す