トマトとバジルの冷製ツナパスタ

トマトとバジルの冷製ツナパスタ
387kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約280円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

暑い時期にもさっぱりと食べられる、冷たいパスタのレシピです。カットしたミニトマトに、ツナ、バジル、調味料を混ぜるだけでできるので、とても簡単に作ることができます。ノンオイルのツナ缶を使っているので、脂質を抑えた分、カロリー控えめの主食となっています。トマトの甘酸っぱい酸味と、バジルの風味を楽しんでくださいね♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(1人分)

スパゲッティ(乾) 60g
ミニトマト 8~10個(100g)
バジル 6枚
にんにく(チューブ) 3㎝
ツナ缶(水煮) 1缶
オリーブ油 小さじ2
砂糖 ひとつまみ
ふたつまみ

こんな人は要注意!

  • アレルギー (小麦)

作り方

  • 1

    スパゲッティをゆでるお湯を沸かしておく。ミニトマトは大きめのものは1/4、小さめのものは1/2にカットする。バジルは飾り用以外は細かく刻んでおく。

  • 2

    ミニトマトを耐熱容器に入れ、にんにくを入れてラップをかけ、500wのレンジで1分加熱する。

  • 3

    ボウルにツナ缶を入れ、オリーブオイルを入れて混ぜる。刻んだバジルと2のミニトマトとにんにくを入れ、砂糖、塩を加えて軽く混ぜる。ラップをして冷蔵庫で冷やしておく。

  • 4

    スパゲッティを袋に表示されている茹で時間よりも1分長く茹でる。ザルにあげ、水をかけて冷やす。キッチンペーパーを使い、水気をしっかりきる。

  • 5

    3のソースに4のスパゲッティを加え、混ぜ合わせる。器に盛り付け、上に飾り用のバジルを乗せれば完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

ミニトマトはレンジで少し加熱しておくことにより、柔らかくなり、味が馴染みやすくなります。パスタは具材とからみやすい、細麺を使うのがお勧めです。麺を少し長めに茹でることにより、冷やした時にちょうど良い固さになります。

栄養素(1人分)

エネルギー 387kcal ビタミンB2 0.12mg
たんぱく質 20.2g 葉酸 48μg
脂質 9.7g ビタミンC 32mg
炭水化物 52.9g コレステロール 25mg
カルシウム 34mg 食物繊維総量 4.8g
1.7mg 食塩相当量 1.9g
ビタミンB1 0.2mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す