野菜を食べよう!夏野菜の焼き浸し鶏むね添え

野菜を食べよう!夏野菜の焼き浸し鶏むね添え
218kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間

このレシピの特徴

パプリカはビタミンCが豊富に含まれており、この1品で1日に必要な量が摂取できます。焼き揚げにすることで油の摂取量を抑え、カロリーを控えることができます。様々な野菜を組み合わせることで彩りも豊かになり、食欲もアップ!

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

黄パプリカ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
なす 1/2本
ズッキーニ 1/5本
ミニトマト 2個
ごま油 小さじ2
鶏むね肉(皮なし) 1/4枚
薄力粉 小さじ1
めんつゆ(3倍希釈) 小さじ1
少々
大さじ2

こんな人は要注意!

  • アレルギー (小麦)

作り方

  • 1

    パプリカとなすは縦2等分に切る。ズッキーニは輪切りにする。

  • 2

    鶏むね肉は塩を薄くそぎ切りにして表面に薄力粉をまぶす。

  • 3

    沸騰した湯に2.を入れ、2~3分ほど加熱して水を張ったボウルに入れ冷やす。ザルにあげ水気を切る。

  • 4

    ごま油を熱したフライパンに1を入れ、両面に焼き色がつくまで弱めの中火でじっくり焼く。

  • 5

    4にめんつゆ、塩、水を加えひと煮立ちしたら火をとめる。蓋をしてそのまま30分置く。

  • 6

    器に5と鶏むね肉を盛る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

なすは皮目から先に焼き油でコーティングすることで、めんつゆに浸した後の変色を防ぎます。

栄養素(1人分)

エネルギー 218kcal ビタミンB2 0.19mg
たんぱく質 17.3g 葉酸 82μg
脂質 10.9g ビタミンC 131mg
炭水化物 12.8g コレステロール 47mg
カルシウム 26mg 食物繊維総量 2.5g
1.0mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.15mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。フリーの管理栄養士。病院栄養士を経て、特定保健指導や料理教室講師、企業向けの講演講師などに従事。現在はレシピ開発や献立作成業務をメインに活動中。手軽に出来る食事作りのヒントを発信していきます。

関連するレシピの特徴から探す