ひなまつりに作ってね!基本のひし形ごはん

ひなまつりに作ってね!基本のひし形ごはん
202kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間

ひなまつりのひし形のご飯は牛乳パックを型に使うアイデアが有名ですが、きれいな3層の高さになるまでご飯を盛ると、1人前にはカロリーオーバーに。小さなひし形に切り分けることで適量の主食量を守りつつ、イベントメニューを楽しみましょう! ひとり2個です。

原 由紀
管理栄養士
原 由紀

材料(2人分)

ご飯 お茶碗軽く2膳(220g)
すし酢 大さじ1
桜でんぶ 小さじ1
あおのり 小さじ1/2

作り方

  • 1

    ご飯にすし酢をまぜ、3等分する。

  • 2

    1の3等分したひとつをボウルに入れ、桜でんぶを加えてよく混ぜる。

  • 3

    1の3等分したひとつをボウルに入れ、あおのりを加えてよく混ぜる。

  • 4

    はさみなどで、牛乳パックを高さ6cmの筒状に切り、上から大きくラップをしく。(型になります)

  • 5

    4の型の底に2(ピンクの酢飯)を平らに敷き詰め、上から1(白い酢飯)を敷き詰め、最後に3(緑の酢飯)を敷き詰める。
    上からしゃもじなどでしっかり詰めて抑える。

  • 6

    牛乳パックを静かにはずし、包んであるラップで抑えながら4等分のひし形に切り分ける。
    裏返して皿に盛る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

上にしたい面から詰めることで、盛り付けた時に上面が綺麗に仕上がります。

栄養素(1人分)

エネルギー 202kcal ビタミンB2 0.02mg
たんぱく質 3.0g 葉酸 4μg
脂質 0.4g ビタミンC 0mg
炭水化物 44.7g コレステロール 1mg
カルシウム 10mg 食物繊維総量 1.7g
0.3mg 食塩相当量 0.5g
ビタミンB1 0.03mg

このレシピの作者

原 由紀

管理栄養士

大学病院・民間病院の管理栄養士として乳幼児、妊産婦、高齢者(嚥下)、生活習慣病(糖尿・肥満・高血圧など)の食事指導に従事した経験を生かし、現在はフリーランスでレシピ開発、オンラインでの食事指導、特定保健指導を行う。「おいしい!」と笑顔にさせることが大好きな、3児の母。好きなお菓子はシュークリーム。

関連するレシピの特徴から探す