炒り豆腐

炒り豆腐
220kcal
総エネルギー量
約45分
調理時間
約180円
費用目安(1人分)

骨作りにかかせないカルシウムとビタミンDが、この1皿にたっぷり含まれます。豆腐は木綿を選んで、日頃不足しがちなカルシウムを補給しましょう。 豆腐の水分をしっかり切ってから炒めると、そぼろ状になりやすいですよ。

ダイエットプラス
「正しく食べる」をあたり前の毎日に
ダイエットプラス

材料(1人分)

木綿豆腐 1/3丁
さやいんげん 3本
にんじん 2cm(20g)
生しいたけ 2枚
長ねぎ 5cm(10g)
1個
サラダ油 小さじ1
砂糖 小さじ1
少々
しょうゆ 小さじ1/2

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵)

作り方

  • 1

    豆腐はあらく崩しておき、水気を切ります。さやいんげんは筋を取って斜めに薄くスライスし、にんじんはせん切りにします。

  • 2

    しいたけは石づきを取り、薄切りにします。長ねぎは斜めに薄くスライスします。

  • 3

    鍋にサラダ油を熱し、にんじん、しいたけ、長ねぎ、さやいんげん、豆腐の順に加えて炒めます。

  • 4

    豆腐が薄く色づいたら、調味料を全て加えて全体に味をなじませます。

  • 5

    4に溶き卵を加え、煮汁が鍋底にうっすら残る程度まで炒り煮にしたら、器に盛り付けます。

管理栄養士からのコツ・ポイント

豆腐は下ごしらえの段階でしっかり水切りをしておくことで、料理が水っぽくなるのを防ぐことができます。キッチンペーパーにくるんで、電子レンジ500Wで1分ほど温める方法が手軽です。

栄養素(1人分)

エネルギー 220kcal ビタミンB2 0.34mg
たんぱく質 14.4g 葉酸 70μg
脂質 13.5g ビタミンC 5mg
炭水化物 10.4g コレステロール 210mg
カルシウム 136mg 食物繊維総量 2.8g
2.2mg 食塩相当量 1.3g
ビタミンB1 0.16mg

このレシピの作者

ダイエットプラス

「正しく食べる」をあたり前の毎日に

「正しく食べてやせる」ダイエットを実践できる、様々なダイエットサポートサービスを提供。やせない理由がわかる「ダイエット診断」ほか、管理栄養士考案のレシピやコラムをダイエットプラスサイトにて配信中。

ダイエットプラスラボ(銀座)やダイエットプラスコールでは、食事改善をメインとした、管理栄養士によるダイエットサポートサービスを提供しています。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。