鶏もも肉の酒粕味噌焼き

鶏もも肉の酒粕味噌焼き
120kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約110円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

塩分を控えつつ美味しく食べたいときに最適な酒粕×味噌の発酵調味料の合わせ技がおすすめ。どちらも発酵、熟成されているので深い香りと強い旨味は素材を選ばす肉を美味しく仕上げてくれます。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

鶏もも肉皮なし 1/4枚(60g)
椎茸 2枚
少々(0.1g)
小葱 1/2本
合わせ調味料
酒粕 小さじ1/2
味噌 小さじ1
みりん 小さじ1

作り方

  • 1

    鶏もも肉は厚みが均一になるように厚みがある部分は包丁で切れ目を入れておく。椎茸は軸をとり塩少々をふる。小葱は小口切りにする。

  • 2

    鶏肉の表面に合わせ調味料を混ぜ合わせたものをのせて広げる。

  • 3

    ②と椎茸を、鶏肉の3倍ほどの大きさのアルミホイルにのせ、魚焼きグリル(なければトースター)で弱めの中火で6分ほど焼く。椎茸は取り出し、肉に焼き色がついたら表面に火が直接当たらないようにアルミホイルで包み、さらに3分ほど蒸し焼きにする。

  • 4

    皿に椎茸と食べやすい大きさに切った鶏肉をのせ、小葱を散らす。

管理栄養士からのコツ・ポイント

調味料が表面についた状態で焼くと焦げやすいので、ムラなく加熱するため途中からはホイルで包んで蒸し焼きに。

栄養素(1人分)

エネルギー 120kcal ビタミンB2 0.26mg
たんぱく質 15.3g 葉酸 30μg
脂質 3.4g ビタミンC 2mg
炭水化物 6.5g コレステロール 46mg
カルシウム 15mg 食物繊維総量 1.9g
1.7mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.1mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。フリーの管理栄養士。病院栄養士を経て、特定保健指導や料理教室講師、企業向けの講演講師などに従事。現在はレシピ開発や献立作成業務をメインに活動中。手軽に出来る食事作りのヒントを発信していきます。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。