紅茶風味のリンゴのパウンドケーキ

紅茶風味のリンゴのパウンドケーキ
169kcal
総エネルギー量
約60分
調理時間
約40円
費用目安(1人分)

通常のパウンドケーキは小麦粉、バター、卵、砂糖を同量使いますが、メレンゲを使ってボリュームを出すことで、高カロリーな材料を抑えるよう仕上げました。軽い食感でふわふわとした生地と、中に混ぜ込んだ少し歯ごたえのあるリンゴの相性は抜群です♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(8人分)

無塩バター 60g
砂糖 20g
卵黄 2個分
薄力粉 80g
ベーキングパウダー 小さじ1
卵白 2個分
砂糖(メレンゲ用) 30g
リンゴ紅茶漬け
リンゴ(皮を取り除いたもの) 150g
砂糖 10g 
無塩バター 10g
紅茶(ティーパック) 1袋
ラム酒 小さじ1

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、乳、小麦)

作り方

  • 1

    【下準備】バターは常温に戻し、柔らかくしておく。卵は卵黄と卵白に分けておく。小麦粉、ベーキングパウダーは合わせてふるっておく。紅茶の茶葉はティーパックから出し、茶葉が粗い場合はすり鉢で細かくする。オーブンは170℃に予熱する。パウンド型に型紙を敷いておく。

  • 2

    リンゴは1㎝角のサイコロ状に切る。耐熱容器にリンゴを入れ、バター、砂糖をのせてラップをかけ、レンジで3分加熱する。リンゴから水分が出てくるので、熱いうちに紅茶を入れ、ラップをかけて蒸らしておく。ラム酒を入れて混ぜ、粗熱が取れるまで冷ましておく。

  • 3

    ボウルにバター、砂糖を入れ、泡立て器でよく混ぜる。卵黄を少しずつ加えてさらに混ぜる。ゴムベラに持ち替え、冷めた2を混ぜ合わせる。ふるった小麦粉、ベーキングパウダーを入れ、さっくり混ぜる。

  • 4

    別のボウルに卵白を入れ、泡だて器を使いメレンゲを作る。砂糖は2回に分けて入れ、しっかりとしたキメの細かいメレンゲを作る。

  • 5

    3にメレンゲの1/3を入れ、ゴムベラでよく混ぜる。(この時はメレンゲがつぶれてもいいのでしっかり混ぜる)残りの2/3のメレンゲを入れ、メレンゲをつぶさないように混ぜ合わせる。

  • 6

    型に流し入れ、170℃のオーブンで40分焼く。竹串などを刺し、中の生地がついてこなければ焼き上がり。型から外し、粗熱が取れるまで冷ましておく。

管理栄養士からのコツ・ポイント

熱いリンゴに紅茶を入れて蒸らすことで、茶葉の風味が出るようになっています。

栄養素(1人分)

エネルギー 169kcal ビタミンB2 0.06mg
たんぱく質 2.6g 葉酸 9μg
脂質 9.1g ビタミンC 1mg
炭水化物 18.3g コレステロール 89mg
カルシウム 25mg 食物繊維総量 0.6g
0.4mg 食塩相当量 0.1g
ビタミンB1 0.03mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。