キャベツの豆乳ポタージュ

キャベツの豆乳ポタージュ
98kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間
約50円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

キャベツをたっぷり使った、豆乳のポタージュです。豆乳には女性ホルモンに似た働きをもつ、「イソフラボン」が多く含まれています。キャベツと一緒にたまねぎをじっくり炒めておくことで、野菜の甘みがしっかりと感じられるよう仕上げました。温かいスープ以外にも、冷やして冷製スープとして食べていただくのもお勧めですよ♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(2人分)

キャベツ 3枚(120g)
たまねぎ 1/2個(90g)
バター 小さじ1
100ml
コンソメ 小さじ1
調整豆乳(スープ用) 150ml
調整豆乳(飾り用) 少々

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳)

作り方

  • 1

    キャベツは繊維を断ち切るように細切りにする。たまねぎも横にスライスする。

  • 2

    鍋にバターを入れて火にかけ、1のキャベツ、たまねぎを入れてたまねぎが透き通るまで弱火でじっくり炒める。水とコンソメを入れ、蓋をして10分煮る。

  • 3

    2をミキサー、もしくはブレンダーでペースト状にする。

  • 4

    3に豆乳を注ぎ、加熱する(冷製スープにする場合は加熱せずに器に盛り付ける)。器に盛り付け、飾り用の豆乳を上から注げば完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

野菜を切る時は、繊維を断ち切るように切っておくと、ミキサーにかけた時にきれいなペースト状になります。野菜を煮るときは水分が蒸発しないよう、蓋をしてください。

栄養素(1人分)

エネルギー 98kcal ビタミンB2 0.04mg
たんぱく質 3.8g 葉酸 78μg
脂質 4.6g ビタミンC 28mg
炭水化物 11.3g コレステロール 5mg
カルシウム 58mg 食物繊維総量 2.0g
1.3mg 食塩相当量 0.8g
ビタミンB1 0.1mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す