米粉パンで作る春のおかずオープンサンド

米粉パンで作る春のおかずオープンサンド
270kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間

米粉パンの上に、春野菜のたけのことアスパラガスを乗せたオープンサンドのレシピです。香り豊かな生のバジルを使ったジェノベーゼ風の味付けは、春野菜との相性も抜群です。もちもちとした米粉のパンは、噛めば噛むほどお米の甘みを感じられるので、おかずを乗せたオープンサンドにぴったりですよ♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(1人分)

アスパラガス 1本
たけのこ(水煮) 20g
バジル 1枝(4、5枚)
にんにく(チューブ) 1cm
オリーブ油 小さじ1/2
少々
米粉パン 4枚切り食パン1枚
粉チーズ 小さじ1

作り方

  • 1

    アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、ピーラーで根元から3cmほどの部分の皮をむいておく。たけのこは薄めのいちょう切りにする。バジルは細かく刻む。

  • 2

    沸騰したお湯に1のアスパラガスとたけのこを入れ、1分半ほど茹でる。ザルにあげてしっかり水気を切り、アスパラガスは斜めに切る。

  • 3

    ボウルに1のバジルとにんにくと、オリーブ油、塩を入れて混ぜ合わせ、2のアスパラガスとたけのこを入れて混ぜる。米粉パンに乗せ、粉チーズを上からかけてトースターで3分ほど焼く。軽く焼き色が付けば完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

アスパラガスは根元に繊維が残っていることがあるので、固い場合は切り落としてください。

栄養素(1人分)

エネルギー 270kcal ビタミンB2 0.08mg
たんぱく質 5.1g 葉酸 71μg
脂質 5.6g ビタミンC 4mg
炭水化物 48.5g コレステロール 0mg
カルシウム 46mg 食物繊維総量 1.9g
0.4mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.08mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す