春野菜のマスタード和えサラダ

春野菜のマスタード和えサラダ
74kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約200円
費用目安(1人分)

スナップエンドウはさやごとそのまま食べれるので、ビタミン・ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれます。食物繊維も多く含まれるので、旬を味わうと意味だけでなく、血糖賃のコントロールにもおすすめな食材です。

平野 信子
管理栄養士、食生活アドバイザー2級、パンシェルジュ1級
平野 信子

材料(1人分)

スナップえんどう 4本
さやいんげん 5本
アスパラガス 1本
★砂糖 小さじ1/2
★酢 小さじ1/2
★オリーブオイル 小さじ1
★粒マスタード 小さじ1/2
★塩 少々

作り方

  • 1

    スナップえんどうはスジを取り、いんげんはヘタをとり、アスパラガスは根元を切って、固い皮はピーラーでむいておく。

  • 2

    沸騰したお湯でゆがいたら、スナップえんどうは裂き、いんげんは半分に切り、アスパラガスは斜めに切って★の材料と合わせる。

管理栄養士からのコツ・ポイント

春野菜が食べずらい、という方もオイルと合わせると食べやすくなります。大きめでしゃきしゃき食感なのも噛む回数が自然とアップして、代謝アップにつながる秘訣です。

栄養素(1人分)

エネルギー 74kcal ビタミンB2 0.09mg
たんぱく質 2.2g 葉酸 69μg
脂質 4.6g ビタミンC 18mg
炭水化物 7.2g コレステロール 0mg
カルシウム 32mg 食物繊維総量 1.8g
0.6mg 食塩相当量 0.7g
ビタミンB1 0.09mg

このレシピの作者

平野 信子

管理栄養士、食生活アドバイザー2級、パンシェルジュ1級

フリー管理栄養士。レシピ受賞歴、レシピ掲載歴を多数持ち、レシピ開発、作成をメインに活動中。制限や基準のあるレシピでも、美味しさ、見た目、楽しさを重要視し、食卓がみんなで「美味しいね!」と盛り上がるようなものを提案しています。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。