春野菜と桜えびの味噌汁

春野菜と桜えびの味噌汁
59kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約140円
費用目安(1人分)

キャベツは芯の近くにより多くの栄養素が含まれるので、芯も残す事で無駄なく栄養素を摂れます。桜えびをプラスする事で、風味が良くなるだけなく、不足しがちなカルシウムもプラスする事が出来ます。

板橋 里麻
管理栄養士・IOTA認定オーガニックセラピスト
板橋 里麻

材料(1人分)

キャベツ 1/8個
アスパラ 1本
桜えび スプーン1杯
白みそ 小さじ2/3
だし汁 150㏄

こんな人は要注意!

  • アレルギー (えび)

作り方

  • 1

    キャベツは1/8にカットしたら芯も残しておく。アスパラは3等分に切る。

  • 2

    鍋にだし汁、キャベツを入れ、ふたをして5分ほど火にかける。

  • 3

    鍋のふたを取り、アスパラ、桜えびを加えて3分程度さらに加熱したら火を止めて、白みそを溶いて完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

キャベツ特有の栄養素として、キャベジンと呼ばれるビタミンUを含んでいます。 ビタミンUは胃粘膜の修復作用があるので、胃が疲れている時にオススメです。

栄養素(1人分)

エネルギー 59kcal ビタミンB2 0.1mg
たんぱく質 5.5g 葉酸 165μg
脂質 0.7g ビタミンC 65mg
炭水化物 9.5g コレステロール 21mg
カルシウム 135mg 食物繊維総量 3.3g
0.8mg 食塩相当量 0.7g
ビタミンB1 0.09mg

このレシピの作者

板橋 里麻

管理栄養士・IOTA認定オーガニックセラピスト

フリーランスの管理栄養士として、ダイエットやアンチエイジングに関するパーソナルカウンセリング、各種セミナー講師、レシピ開発、健康系コンテンツの執筆など多岐にわたり活躍中。皆さんの「なりたい自分」を叶えるお手伝いをします。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。