玄米の鮭マヨたくあんレタス巻き

玄米の鮭マヨたくあんレタス巻き
341kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約350円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

鮭マヨとたくあんのシャキシャキ触感で食物繊維豊富な玄米を美味しく食べる!

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

玄米ご飯 茶碗1杯
塩鮭 1切
マヨネーズ(低エネルギータイプ) 小さじ1
たくあん 2枚
レタス 1枚
焼き海苔 1枚

作り方

  • 1

    塩鮭は焼き、あら熱がとれたら皮や骨を除き身をほぐす。たくあんは細切りにする。

  • 2

    巻きすに焼き海苔を置き、向こう1/3ほどあけて水で濡らした手で玄米ご飯を薄く伸ばす。レタス半量、鮭、たくあんの順にのせ、マヨネーズを小さじ1杯分絞り、残りのレタスをかぶせる。

  • 3

    手前の巻きすと海苔を両手親指と人差し指でつかみ、残りの指で具を押さえながら手前のご飯と向こう側のご飯の端に合わせるようにして一気に巻く。続けて巻きすだけ向こう側に押し出し最後にぎゅっと握り成形し、巻き終わりを下にして置く。

  • 4

    包丁を水で濡らした布で湿らせながら5等分に切り、皿に盛る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

一見海苔巻きだが、酢飯にしないことで手軽にして見た目も楽しむ。

栄養素(1人分)

エネルギー 341kcal ビタミンB2 0.18mg
たんぱく質 18.3g 葉酸 88μg
脂質 9.1g ビタミンC 9mg
炭水化物 45.7g コレステロール 41mg
カルシウム 45mg 食物繊維総量 3.5g
1.4mg 食塩相当量 1.8g
ビタミンB1 0.35mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院栄養士を経て現在フリーの管理栄養士として、特定保健指導、料理教室講師、子ども料理番組のレシピ作成などに従事。仮面ライダー鎧武DVD(第十巻)特典映像にて調理講師として出演。日本酒が好きなことから、「低エネルギー・低塩の“美味しく飲める”酒の肴」を日々研究中。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。