卵とかにかまのサッパリ酢たまねぎ炒飯

卵とかにかまのサッパリ酢たまねぎ炒飯
370kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約120円
費用目安(1人分)

お酢は健康に良いけれど、酸味が苦手…という方は、炒飯のちょい足し調味料として摂取するのもオススメです。卵が酸味をやわらげ、お酢に漬かった玉葱が全体に絡み、ひと皿食べても罪悪感を感じない炒飯です。

このレシピで使用している「万能☆酢たまねぎ」の詳細はここをクリック!

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

胚芽ご飯 茶碗1杯(120g)
L1個
かにかま 2本
ごま油 小さじ1
こしょう 少々
酢たまねぎ 大さじ2
レタス 1枚
顆粒中華だし 小さじ1/5

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵)

作り方

  • 1

    フライパンにごま油を中火で熱し、油が温まったらよく溶きほぐした卵を流し入れる。卵が3割ほど固まったらご飯を入れ、ご飯にしっかり卵が混ざるように炒め混ぜる。

  • 2

    ①に、ほぐしたかにかま、こしょう、酢たまねぎ、顆粒中華だしを入れ、強めの中火でご飯をヘラで切るように炒める。(酢たまねぎが入った直後はご飯がしっとりするが徐々にパラパラになっていく)

  • 3

    火をとめ、ちぎったレタスをいれ、混ぜ合わせる。器に盛る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

レタスはシャキシャキ感を残すために一番最後にご飯の熱で火を入れます。

栄養素(1人分)

エネルギー 370kcal ビタミンB2 0.29mg
たんぱく質 14.1g 葉酸 54μg
脂質 11.8g ビタミンC 1mg
炭水化物 48.4g コレステロール 244mg
カルシウム 71mg 食物繊維総量 1.4g
1.3mg 食塩相当量 1.2g
ビタミンB1 0.15mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。フリーの管理栄養士。病院栄養士を経て、特定保健指導や料理教室講師、企業向けの講演講師などに従事。現在はレシピ開発や献立作成業務をメインに活動中。手軽に出来る食事作りのヒントを発信していきます。

関連するレシピの特徴から探す