牛肉とれんこんの甘辛炒め

牛肉とれんこんの甘辛炒め
230kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約240円
費用目安(1人分)

ごろっと大きめに切ったレンコンと牛肉を甘辛の調味料で炒め合わせます。甘辛で仕上げる調理では、材料に少量の小麦粉を塗しておくと、しっとりとした照りが出て、見た目も美味しそうに仕上がります。

矢島南弥子
管理栄養士・フードコーディネーター
矢島南弥子

材料(2人分)

牛もも薄切り肉 6枚
れんこん 1節
あさつき 適量
ごま油 小さじ1
合わせ調味料A
少々
こしょう 少々
小麦粉 少々
合わせ調味料B
しょう油 大さじ1/2
大さじ1/2
大さじ1/2
砂糖 小さじ1

こんな人は要注意!

  • アレルギー (小麦)

作り方

  • 1

    牛肉は一口大に切って、合わせ調味料Aを順番にまぶす。れんこんは皮を剥いて半月切りにして水にさらす。あさつきは小口切りにする。

  • 2

    フライパンに、ごま油を熱し牛肉を炒める。れんこんも加えて炒め合わせる。合わせ調味料Bを加えて照りが出るまで炒める。器に盛り、あさつきをふる。

管理栄養士からのコツ・ポイント

れんこんには、コラーゲンの生成を助け、皮膚や血管を丈夫に保つビタミンCや、食物繊維が豊富に含まれます。

栄養素(1人分)

エネルギー 230kcal ビタミンB2 0.14mg
たんぱく質 14.2g 葉酸 26μg
脂質 10.1g ビタミンC 49mg
炭水化物 19.2g コレステロール 41mg
カルシウム 25mg 食物繊維総量 2.1g
1.5mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.16mg

このレシピの作者

矢島南弥子

管理栄養士・フードコーディネーター

懐石料理、西洋料理、薬膳料理、フードコーディネートを学び、フードコーディネーターとして雑誌や書籍のレシピ制作や広告撮影に携わる。また、管理栄養士として、ダイエットレストランや、ホテルフェアの監修、クリニックにて栄養指導に従事、資格を活かした実績も多い。

レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。