豆腐とチンゲンサイのボリュームおかず

豆腐とチンゲンサイのボリュームおかず
189kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間
約130円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

低カロリーな豆腐を使った、食べ応えのある一品です。豆腐やチンゲン菜には、美肌のビタミンである、ビタミンAやビタミンEが豊富です。

松村 由子
管理栄養士
松村 由子

材料(2人分)

焼き豆腐 300g
片栗粉 小さじ2
小さじ1
にんじん 20g
チンゲンサイ 1株(100g)
しめじ 30g
糸こんにゃく 30g
ごま油 少々
すき焼のたれ 小さじ2

作り方

  • 1

    焼き豆は大きめに切って片栗粉をつけ、油でソテーして、皿にとっておく。

  • 2

    野菜類は食べやすい大きさに切る。糸コンニャくは下ゆでして、食べやすい大きさに切る。

  • 3

    フライパンにごま油を入れ、2を炒める。火が通ったらすき焼を絡め、1を入れてさっと混ぜ合わせて出来上がり。

管理栄養士からのコツ・ポイント

豆腐は崩れやすいので、入れてからは軽く炒めましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 189kcal ビタミンB2 0.11mg
たんぱく質 12.8g 葉酸 57μg
脂質 11.2g ビタミンC 13mg
炭水化物 9.8g コレステロール 0mg
カルシウム 290mg 食物繊維総量 2.5g
3.1mg 食塩相当量 0.8g
ビタミンB1 0.15mg

このレシピの作者

松村 由子

管理栄養士

病院栄養士などを経て、ダイエットプラスにて食事トレーナーとしても活躍中。料理がちょっと苦手に思われている方でも、作りたくなるレシピの作成を心がけています。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。