ピリ辛玉こんにゃく

ピリ辛玉こんにゃく
37kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約60円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

蒟蒻の主成分である「グルコマンナン」という成分は、水溶性の食物繊維です。グルコマンナンは、腸内の余分なナトリウムを吸着し、体外へ排出する働きがあるといわれ、血圧を下げる効果が期待されています。 噛み応えのある玉こんにゃくを使うことで、しっかりよく噛む事にも繋がり、小腹が空いたり腹持ちをアップさせたい時にもお勧めの高血圧予防メニューです。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

玉こんにゃく 5個
ごま油 小さじ1/2
★かつおだし 大さじ1
★醤油 小さじ1
★砂糖 小さじ1/2
★鷹の爪 1/2本
小葱 1本

作り方

  • 1

    こんにゃくは熱湯で茹で、あくをとる。表面の水気をペーパーで取る。鷹の爪は種をとり刻んでおく。

  • 2

    ごま油を中火で熱したフライパンに①を入れ、さっと炒め★を入れる。汁気を飛ばしながら2~3分炒める。

  • 3

    お皿に盛り、小口切りした小葱を散らす。

管理栄養士からのコツ・ポイント

唐辛子は、細かく刻むほど辛み成分のカプサイシンが出やすいので、お好みで調整してみてくださいね。

栄養素(1人分)

エネルギー 37kcal ビタミンB2 0.02mg
たんぱく質 0.7g 葉酸 9μg
脂質 2.0g ビタミンC 2mg
炭水化物 5.0g コレステロール 0mg
カルシウム 50mg 食物繊維総量 2.3g
0.5mg 食塩相当量 0.7g
ビタミンB1 0.01mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。フリーの管理栄養士。病院栄養士を経て、特定保健指導や料理教室講師、企業向けの講演講師などに従事。現在はレシピ開発や献立作成業務をメインに活動中。手軽に出来る食事作りのヒントを発信していきます。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。