パプリカのピリ辛肉巻き

パプリカのピリ辛肉巻き
227kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約670円
費用目安(1人分)

パプリカには強い抗酸化作用を持つ抗酸化成分が豊富に含まれ動脈硬化予防におすすめです。紫外線対策やシミやシワ対策などアンチエイジングにおススメの食材の1つになります。また、パプリカに含まれるビタミンCは熱に強い特徴があるので肉巻きにしてもしっかりと摂取することができます。

藤岡華代
管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト
藤岡華代

材料(1人分)

牛肉(薄切り) 1/2パック(80g)
パプリカ(赤) 1/4個
パプリカ(黄) 1/4個
ごま油 小さじ1/2
小麦粉 適量
★砂糖 小さじ2/3
★しょうゆ 小さじ1弱
★豆板醤 少々
★ニンニク(すりおろし) 少々
★ショウガ(すりおろし) 少々
ベビーリーフ 適量

こんな人は要注意!

  • アレルギー (小麦)

作り方

  • 1

    パプリカは千切りにして、レンジ(600w)で1分加熱して粗熱をとる。

  • 2

    牛肉を広げこしょうをして、小麦粉を薄く振り①のパプリカを巻く。

  • 3

    フライパンにごま油を熱し、②の巻き終わりを下にして並べ、転がしながら全体を焼く。

  • 4

    肉に火が通ったら、合わせた★を加えて全体にからめ、ベビーリーフとともに皿に盛り付ける。

管理栄養士からのコツ・ポイント

肉に火が通りにくい時には、水を少し加えて蒸し焼きにしましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 227kcal ビタミンB2 0.29mg
たんぱく質 18.8g 葉酸 88μg
脂質 10.9g ビタミンC 168mg
炭水化物 12.8g コレステロール 56mg
カルシウム 30mg 食物繊維総量 1.9g
2.9mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.14mg

このレシピの作者

藤岡華代

管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト

飲食店、ホテルレストランに対して、ターゲット顧客に合ったレシピの開発を行う。また、自身の経験をいかし、「妊活」(妊娠に備えて心と身体を整える活動)中の女性、離乳食や幼児食の他、ライフスタイルに合わせた具体的で実践しやすい食事カウンセリングに定評がある。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。