もち麦ご飯の卵とお豆腐くずし生姜あん

もち麦ご飯の卵とお豆腐くずし生姜あん
404kcal
総エネルギー量
約45分
調理時間
約120円
費用目安(1人分)

とろとろあんかけがご飯に合うワンプレートメニューです。 もち麦には水溶性食物繊維が豊富なので、腸内環境を整える効果が期待できます。腸内環境が整う事で美肌や免疫力UPにつながりますし、腸の動きが活発になりダイエットにもおすすめです。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

もち麦 1/3カップ
れんこん 1cm厚み
1個
きぬ豆腐 1/3丁
★かつおだし 3/4カップ
★醤油 小さじ1
★塩 小さじ1/8
★みりん 小さじ1
★おろし生姜 小さじ1/2
★片栗粉 大さじ1/2
長葱 少々

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、小麦)

作り方

  • 1

    鍋に1ℓの湯を沸かし、もち麦を入れ20分茹でる。途中10分茹でたところに、皮をむいたれんこんをサイコロ状に切ったものを入れ、一緒に茹でる。

  • 2

    ①をザルにあけ、水でぬめりをとり、食べる直前にお湯を回しかけ温める。

  • 3

    ★を全て小さめのフライパンに入れ、混ぜながら中火にかけ、沸騰したら弱火にし、とき卵を入れ、半熟状になったら豆腐を入れ崩しながら1~2分加熱する。

  • 4

    ②を盛ったお皿に③をかけ、長葱の青い部分を斜め細切りにしたものを飾る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

もち麦(大麦)は水溶性食物繊維のβ-グルカンを豊富に含み、腸内環境を整えます。

栄養素(1人分)

エネルギー 404kcal ビタミンB2 0.28mg
たんぱく質 17.2g 葉酸 51μg
脂質 9.8g ビタミンC 15mg
炭水化物 60.7g コレステロール 185mg
カルシウム 126mg 食物繊維総量 9.0g
2.9mg 食塩相当量 1.9g
ビタミンB1 0.25mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。フリーの管理栄養士。病院栄養士を経て、特定保健指導や料理教室講師、企業向けの講演講師などに従事。現在はレシピ開発や献立作成業務をメインに活動中。手軽に出来る食事作りのヒントを発信していきます。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。