小松菜と納豆のねばねば和え

小松菜と納豆のねばねば和え
93kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間
約150円
費用目安(1人分)

火を使わずに作る事が出来る、長芋や納豆などのネバネバ食材を使った簡単和え物です。発酵食品である納豆は腸内環境を整える作用がありますが、糖質の吸収は腸で行われるので、腸をキレイにして糖代謝を活発にさせましょう。

平野 信子
管理栄養士、食生活アドバイザー2級、パンシェルジュ1級
平野 信子

材料(1人分)

小松菜 2茎
長芋 3cm(30g)
納豆 1/2パック
たらこ(ほぐす) 小さじ1
めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ1/2
かつおぶし 少々

作り方

  • 1

    小松菜は3㎝幅に切り、耐熱容器に入れてラップをし、電子レジン(500W)で3分加熱する。長芋は1㎝角に切る。

  • 2

    小松菜、たらこ、長芋、納豆をめんつゆ、鰹節と一緒に和える。

管理栄養士からのコツ・ポイント

小松菜が電子レンジ加熱のみだとまれに苦い場合があります。そのときは、加熱後、水にさらして水気を切ると美味しくいただけます。

栄養素(1人分)

エネルギー 93kcal ビタミンB2 0.22mg
たんぱく質 8.5g 葉酸 100μg
脂質 3.1g ビタミンC 28mg
炭水化物 8.7g コレステロール 30mg
カルシウム 125mg 食物繊維総量 2.9g
2.6mg 食塩相当量 0.6g
ビタミンB1 0.18mg

このレシピの作者

平野 信子

管理栄養士、食生活アドバイザー2級、パンシェルジュ1級

フリー管理栄養士。レシピ受賞歴、レシピ掲載歴を多数持ち、レシピ開発、作成をメインに活動中。制限や基準のあるレシピでも、美味しさ、見た目、楽しさを重要視し、食卓がみんなで「美味しいね!」と盛り上がるようなものを提案しています。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。