春野菜盛り沢山!鶏むね肉のダッカルビ

「春を味わおう!」レシピ♪旬の野菜は価格も安いうえ、栄養価も高く、メリットが沢山あります!特に新じゃがや新玉ねぎなどの春野菜は、野菜本来に含まれる甘味が強く感じられるため、素材の味も旨味にプラスされます。今回のダッカルビは、鉄板で蒸し焼きにする調理法をアレンジし、フライパンで蒸し焼きにして旨味を閉じ込めます。ぜひ、沢山の春野菜を摂取して下さい♪

材量1人分
  • 鶏むね肉(皮なし)60g
  • 新じゃが芋40g
  • 春キャベツ20g
  • 新玉ねぎ30g
  • 新にんじん30g
  • グリーンアスパラガス1本(約12g)
  • ごま油小さじ1
  • 大さじ1
  • ☆コチュジャン小さじ1
  • ☆砂糖小さじ1
  • ☆白すりごま小さじ1
  • ☆酒大さじ1
  • ☆おろししょうが小さじ1/2
  • ☆おろしにんにく小さじ1/2
栄養素1人分
エネルギー247kcal ビタミンB20.13mg
たんぱく質17.2g 葉酸68μg
脂質6.9g ビタミンC32mg
炭水化物24g コレステロール44mg
カルシウム63mg 食物繊維2.7g
0.9mg 食塩相当量0.9g
ビタミンB10.18mg
  • 1鶏むね肉はひと口大に切る。ジップロックに☆を入れ混ぜ、鶏肉を加え、味を馴染ませる(10分~)。
  • 2新じゃが芋は皮付きのまま水洗いをし、厚さ5mmの半月切りにし、水に浸ける。新玉ねぎは根元を除き、くし型切り。
  • 3新にんじんは皮を除き、長さ3cm位の短冊切り。春キャベツはざく切り。アスパラガスは根元・硬い部分を除き、ななめ薄切り。
  • 4フライパンにごま油を熱し、鶏肉を入れ(漬けダレは取っておく)、両面焼き色が付くまで炒める(中火)。
  • 5鶏肉の上に全体に広げるように具材を重ね、酒を回し入れ、フタをして蒸し焼きにする(弱~中火 3分位)。
  • 6漬けダレを加え、混ぜ合わせる。
  • 7器に盛り付ける。

コツ・ポイント

他にもスナップえんどうなどお好みの春野菜を加えてみるとよいですよ。

このレシピの作者

管理栄養士、国際薬膳師、国際薬膳調理師、ヘルスフードカウンセラー 高木 祐香
フリー管理栄養士。幼少期より闘病生活を経験したことを機に、癒しの「食医」を目指す。「こころもカラダも幸せにする食を。」をモットーに、現代栄養学と中医薬膳学の両面からアプローチできる専門家として、料理講師、レシピ開発、コラム執筆、食事カウンセリングなど、食とヘルスケアの分野で活動中。
高木祐香@ココロも癒す!料理×薬膳・漢方

カテゴリ別でレシピを探す

目的別でレシピを探す