桜えびのミルクマッシュサラダ

桜えびのミルクマッシュサラダ
106kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約120円
費用目安(1人分)

桜えびは乾燥の場合は保存もききますし、手軽に料理にプラス出来る便利な食材です。他にも女性ホルモンの生成に関わるビタミンEや強い抗酸化作用のあるアスタキサンチンなどの女性に嬉しい栄養素が含まれています。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

じゃが芋 中1個
★牛乳 大さじ1
★バター 小さじ1/2
★塩 少々
★こしょう 少々
桜えび(素干し) 小さじ2
ミニトマト 小5個
ベビーリーフ ひとつかみ

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳、えび)

作り方

  • 1

    じゃが芋は皮をむき、4等分にして耐熱皿にのせ、ラップをかけて電子レンジ600W3分加熱し、熱いうちにフォークやスプーンの背でつぶす。

  • 2

    ★を入れ混ぜ合わせる。

  • 3

    桜エビはフライパンで弱めの中火で2~3分炒って香りを出す。

  • 4

    お皿にベビーリーフをしき、②をのせ、上から③をのせ周りにミニトマトを飾る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

作り置きする場合はマッシュポテト冷凍可能。桜えびは食べる前にかけると美味しく頂けます。

栄養素(1人分)

エネルギー 106kcal ビタミンB2 0.08mg
たんぱく質 4.5g 葉酸 48μg
脂質 2.4g ビタミンC 38mg
炭水化物 17.3g コレステロール 27mg
カルシウム 105mg 食物繊維総量 7.8g
0.8mg 食塩相当量 0.5g
ビタミンB1 0.11mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院栄養士を経て現在フリーの管理栄養士として、特定保健指導、料理教室講師、子ども料理番組のレシピ作成などに従事。仮面ライダー鎧武DVD(第十巻)特典映像にて調理講師として出演。日本酒が好きなことから、「低エネルギー・低塩の“美味しく飲める”酒の肴」を日々研究中。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。