気分は喫茶店!つぶあんバナナトースト

気分は喫茶店!つぶあんバナナトースト
184kcal
総エネルギー量
約90分
調理時間

あずきはカリウムや食物繊維が豊富に含まれ、あずきで作るつぶあんはおやつにはもってこい!食べ応えもあり腹持ちも良いので罪悪感なくスイーツが食べられます。何と言っても甘さの調節を出来るのが手作りの魅力!時間は少々かかりますがぜひご家庭でお楽しみください!

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(6人分)

食パン 6枚切り3枚
バナナ 1本
つぶあん(6人分)
あずき 100g
砂糖 50g
ひとつまみ

こんな人は要注意!

  • アレルギー (小麦)

作り方

  • 1

    【つぶあんを作る】あずきは鍋に入れ水をかぶるくらい入れる。強火にかけ沸騰したら3分ほど煮る。ザルにあげ流水で洗い水気を切り鍋に戻す(渋切り)。あずきを鍋に戻してかぶるくらいの水を入れ強火にかける。

  • 2

    煮汁が沸騰したら表面がふつふつするくらいの火加減にして50分ほど中火で煮る。途中10分に1回位50mlのお湯を足し常にあずきがお湯に浸っている状態でゆでる。最後にひと粒取り出し指で押さえ、芯がなく潰れたらザルに汁気を切る(煮汁はとっておく)。

  • 3

    2を鍋に戻し砂糖と塩、煮汁を100mlほど加え中火にかけヘラでもったりしてくるまで混ぜながら煮る。ヘラで混ぜたときになべ底が見えるくらいの粘度になったら火を止めあら熱をとり容器に移す。

  • 4

    【つぶあんバナナトーストにする】食パンを半分に切り、表面に焼き色がつくまでトースターで焼く。バナナは皮をむき、5㎜幅にスライスする。

  • 5

    4に3の1/6の量のつぶあんをのせ、脇にバナナを添える。

管理栄養士からのコツ・ポイント

あんは冷めると固くなりますが、柔らかい状態がお好きな方は砂糖を加えて煮詰める際にややサラサラの状態で火をとめると良いでしょう。残った分はラップにつつみ冷凍保存可能です。

栄養素(1人分)

エネルギー 184kcal ビタミンB2 0.05mg
たんぱく質 6.4g 葉酸 36μg
脂質 1.6g ビタミンC 4mg
炭水化物 36.6g コレステロール 0mg
カルシウム 20mg 食物繊維総量 5.6g
1.1mg 食塩相当量 0.4g
ビタミンB1 0.11mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院勤務を経て、健康は日々の積み重ねであることを実感。その後フリーの管理栄養士として特定保健指導業務に従事。現在は「習慣が自分のからだをつくる」をモットーに普段の食事に取り入れられるお手軽レシピの開発、わかりやすいコラムの作成などを行っています。

関連するレシピの特徴から探す