ほぐしてスッキリ【肩こり解消】ヨガpart2 by 彼オトし美ボディーレシピ

長時間のデスクワークをなさっている方、モニターに顔がぐっと近づいていたり、背中が曲がっていたりしませんか?肩や首の位置が変な形にズレてしまっていると、筋肉に負担がかかり、肩こりがひどくなってしまいますよ…!!

首・肩の位置、大丈夫ですか?

肩こりの主な原因

肩こりの主な原因は、筋肉が凝り高まることによって血流が悪化→疲労物質が停滞することで起こります。デスクワークはただでさえ、手を常に前に出しているため、肩甲骨周りの筋肉が緊張してしまい、肩こりが起こりやすいです。
その上姿勢が悪いとなると、首や肩が本来の正しいポジションからズレて固まってしまい、頭部を支える筋肉に余計に負担をかかり、肩こりがさらに悪化してしまいます。
こまめに、首・肩周りの緊張や張りをやわらげ、正しい位置に戻してあげましょう。

会社でも出来る肩こり解消法

試してみよう!

・細めに首を動かしたり、首回りの筋肉をほぐす
・猫背にならないよう、常に肩を後ろに引いてむぞおちをくぼませる
・デスクワークの時は顎をひいて、首の後ろの筋肉を伸ばす
・一時間に一度くらい肩周りを回して動かす

「夜道で後方確認」のポーズ

緊張をやわらげると肩こりが楽になります

デスクでは出来ない、肩こりを一気に楽にする、肩から背中まで広い範囲の緊張をやわらげるポーズをご紹介します。

1. 脚を肩幅程度開き、後ろで手を組みます
2. 息を吸いながら、手を前に下ろしながら体を倒します。ひざは曲げないように。
3. 後ろをきっと睨みつけ、5秒キープしたら元に戻ります。
これはプラサリータ・パドッタナーサナ(開脚前屈)のアレンジです。 肩こり軽減はもちろん、腕周りをスッキリさせ、脳を休めて、腰痛にも効果があります。

帰りが遅くなった夜道では、危険を回避する効果もあります。ぜひお試し下さい☆

カテゴリ別ニュース