生理前に豆乳を飲むとダイエットに効果的ってホント?

「生理前の7日間、200mlの豆乳を飲むだけで生理後に体重が減る」というダイエットがネットで話題になったことをご存知ですか?その真相をクックパッド ダイエットの管理栄養士さんに伺ってきました。

生理前後の女性ホルモンに関係しています

生理後に体重が減るメカニズム

女性のカラダの中心には卵巣があり、女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンとプロゲステロンが作られます。この2つのホルモンのどちらか一方が優勢になれば、もう一方は影をひそめるというようにお互いをコントロールしている関係です。プロゲステロンが優位になるのは、排卵日から生理になるまでの2週間、それから徐々にエストロゲンが優位となります。
プロゲステロンが優位になる生理前1週間は、身体に水分を溜め込むようになり、体重が増えるのです。そして生理が始まると、溜め込んでいた水分を身体から排出し、むくみが解消されるので、生理後は(豆乳を飲んでいなくても)体重が減るのです。

生理前に豆乳を飲むと良い理由

一方、女性の身体は2つの女性ホルモンバランス変化で、精神的に不安定な状態になることがあります。特にプロゲステロンが優位な生理前1週間と徐々にエストロゲンが増えていく生理中は、精神が不安定になりやすく、食べることで精神を安定させようとする傾向にあります。

そこで注目されたのが豆乳です。豆乳(大豆)に含まれているイソフラボンは、エストロゲンと似た成分構造を持ちます。そのためエストロゲンを運ぶ役割をする受容体は、イソフラボンをエストロゲンと間違えて細胞に運びます。すると身体はホルモンバランスの変化が緩和されていると認識し、生理前や生理中の精神不安が軽減され、過食も抑えられるようになるのです。そのため生理前に飲むとダイエットに効果的なのです。

豆乳に限らず、大豆はダイエットの強い味方です

大豆のすごいパワー1『脂肪燃焼を高める』

豆乳の原料、大豆に含まれる「植物性たんぱく質」は、「動物性たんぱく質」に比べ脂肪の燃焼を高める働きがあります。

大豆のすごいパワー2『脂肪蓄積を防ぐ』

大豆を煮る時に出る、ぶくぶくした泡の「サポニン」には、身体に脂肪が蓄積されることを防ぐ働きがあります。ちなみに、豆乳のかすかな甘味やコク、苦みもサポニンです。

大豆のすごいパワー3『老廃物の排泄をスムースにする』

約60兆個といわれる細胞のすべての細胞膜を構成している主要成分「レシチン」も豆乳に含まれる注目すべき成分の一つ。レシチンは水も油にもなじみやすい性質を持っていいるので、血管壁や肝臓の周りについているコレステロールをくっつけて肝臓に戻したり、また老廃物排泄しやすくするという働きがあります。

生理に関わらず、大豆製品である豆乳には複数のダイエット効果が期待されますので、試してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ別ニュース