朝食にもなるダイエットスイーツレシピ

1年半で24kgのダイエットに成功した、ダイエットカウンセラー大西ひとみです。この時期は柿、リンゴ、栗、みかんなど様々な果物が旬を迎えますよね。今回はダイエット効果が期待されるリンゴを使って、朝食にもなるスイーツレシピをご紹介します。

リンゴにダイエット効果が期待される理由とは?

低カロリー&腹もちが良い

リンゴは中ぐらいの大きさで約300gで、145kcal程度しかありません。また、食物繊維が豊富に含まれるため、腹もちが良いのが特徴です。お腹が空いて完食をする可能性も低くなるでしょう。

食物繊維の効果で便秘解消&脂肪蓄積を防ぐ

リンゴにはセルロースとペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。セルロースやペクチンには整腸作用があり、便秘解消効果が期待できます。さらにペクチンは血糖値の急上昇を抑え、体脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるとされています。

間食だけでなく、忙しい朝は朝ごはんにも!

リンゴ煮ダイエットスイーツ

リンゴは皮ごと煮た方ダイエット効果が期待できるのですが、今回は皮をむいて作ってみました。皮ごと食べても食感が気にならない方は、皮ごと煮込むのもおすすめです。
また、健康的にダイエットするためには筋肉も必要です。リンゴの食物繊維と一緒にカッテージチーズでタンパク質を摂取することで、筋肉維持・増加にさらなる効果が見込めます。

材料(2人分)※1人分のカロリー:約129kcal

・リンゴ:1個
・レーズン:大さじ2
・レモン:大さじ1
・てん菜糖:小さじ1と1/2
・カッテージチーズ:100g
・シナモン:お好みで

作り方

簡単なので是非お試しください♪

1. リンゴは皮を剥き(皮ごと食べたい方は皮をむかずに)8等分にし、鍋にいれます。

2. 1にレーズン、レモン、シナモン、てん菜糖をふりかけます。

3. 鍋にふたをし、弱火で中まで火が通ってしんなりとするまで火にかけます。(あまり火にかけすぎると、形がくずれてしまうので、程よく中まで火が通る程度に火にかける事がポイントです。)

4. お皿にカッテージチーズを盛りつけ、その上に3をのせれば完成。

私が朝ごはん代わりに食べているリンゴを使ったダイエットスイーツのご紹介でした。リンゴ煮は冷凍庫で保存が出来るので、作り置きしたい方は材料を多めにして作ってみてください。

※記事中のカロリーは文部科学省の食品成分データベースおよびUnited States Department of Agricultureを参考にしています。

カテゴリ別ニュース