「低速ジューサー」で始めるビューティ生活!

仕事に家事に子育てに、そしてプライベートも忙しい30代~40代女性。 でも、だからといって健康も美容もおろそかにはしたくないですよね。 そんなあなたに、海外セレブも愛用しているという美味しい情報を教えちゃいます!

最近フルーツ、食べてますか?

女性のフルーツの摂取量を見てみましょう

30代~40代の女性の毎日は、仕事に家事、育児など何かと忙しいですよね。 自分の健康に気遣う余裕もなく、ストレスも溜まりがち。運動も、睡眠も十分にとれていないな…と感じている人も多いのでは。



そんな現代女性はビタミンが不足しがち。そのビタミンが豊富な食べものといえば、フルーツです。最近、フルーツを食べていますか?実は、「20~40代の日本女性はフルーツの摂取量が少ない」というデータが出ているのです。ぜひ、毎日の食事にフルーツを積極的に取り入れていきたいですね。

「ビタミン」はなぜ大切なの?

ビタミンは、体内の機能を調節するために必要な栄養素であり、身体が正常に働くためにも欠かすことのできないものです。 しかし、ビタミンはほとんどが自分の体内ではつくりだすことができないものが多く そのため、食事などによって外部から摂取する必要があります。とはいえ、ビタミンを含む食材でお料理する場合は、その調理法にも注意。


ビタミンは熱に溶けやすく、不安定な物質なので、加熱や水にさらしておくだけでもビタミンが流れ出してしまうこともあります。

最新ビタミン摂取法は「コールドプレスジュース」!

ビタミンを豊富に含む、新鮮な野菜や果物の栄養素を最大限に生かせるのが「コールドプレスジュース」!
「コールドプレスジュース」とは、低速ジューサーを使い、野菜や果物を圧縮 してすりつぶし、しぼったものです。
高速切削方式のジューサーと比べると、低速回転のため、回転の摩擦熱による栄養素の損失がなく、1杯に1~1.5キロの野菜・果物を摂取できます。
固形物の入らないジュースで消化器官を一時的に休ませることで消化に使われる約40%のエネルギーがデトックス、ヒーリング、再生に利用できるようになるともいわれていて、ハリウッドセレブたちも食事の代わりに取り入れているとか…!

おうちで手軽にビタミンをとれる「低速ジューサー」

パナソニックの低速ジューサー「ビタミンサーバー MJ-L500」は、スクリューをゆっくり回転させて、食材を圧縮しながらすりつぶすことでジュースをしぼり出します。空気を含みにくいため、なめらかな仕上がりで、ビタミンCたっぷりのジュースが作れるジューサーです。
スクリュー底部をステンレス化した独自の「ステンレスパーツ一体スクリュー」で、 やわらかい食材だけでなく、葉菜類や豆類などのかたい食材でも最後までしぼりき ることができます。

凍った食材からシャーベットのようなフローズンスイーツを作ることもできて、一台二役!試してみたくなるメニューが満載の別冊「レシピブック」も付いてきます♪ 低速ジューサーを使ったおいしい「コールドプレスジュース」でビューティ生活を始めてみませんか?
「ビタミンサーバー MJ-L500」の詳細はこちら

低速ジューサーを使ったレシピをご紹介♪

「フレッシュレッド」

低速ジューサー ビタミンサーバーを使った、果物や野菜のビタミンをしっかり摂れるレシピをちょっとだけご紹介します!

<材料>
材料:トマト:100g(小1個)、ピンクグレープフルーツ:160g(½個)、ぶどう(薄紫系):160g




<作り方>
1.「ビタミンサーバー」のスイッチを入れ、カットした材料を投入!
2.ゆっくりすりつぶされてジュースとかすが分かれて出てきます。
3.なめらかジュースのできあがり!


<クックパッド ダイエット編集部 花井担当  <PR>

カテゴリ別ニュース