24kgやせたダイエッターさんの毎日ダイエット〜「○○ゼロ」の食品は本当にゼロ?〜

こんにちは。1年半で24kgのダイエットに成功した、ダイエットカウンセラー大西ひとみです。ダイエットをしたい人は誰しも「糖質0」「糖類0」「カロリー0」と言う表示に目がいってしまいますよね。「ゼロなのに何故甘いのだろう?」と思った事はありませんか?

「糖質ゼロ」「糖質ゼロ」

甘さはどこから来ているの?

健康増進法に基づく、栄養表示基準制度によって、糖質・糖類が含まれていても、「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」と記載する事が出来るルールがあります。

「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」の違いはそもそも何?

「糖質」とは炭水化物から食物繊維を除いたものをいいます。甘く感じるものだけが糖類と思いがちですが、米や小麦などの穀類、芋類などに多いでんぷんも糖類煮なります。

「糖類」とは糖質を構成する要素のひとつ。ブドウ糖、果糖、乳糖、麦芽糖などの単糖類と、ショ糖などの二糖類から成り立っています。つまり、糖質も糖類も大きなくくりで言うと、三大栄養素の炭水化物の一種になります。

栄養表示基準制度で認められる糖質・糖類の含有量

「糖類」「糖質」共に、100gもしくは100mlあたり、0.5g未満であれば、「糖類ゼロ」「糖類ゼロ」と表示出来るのです。また、「糖質オフ」と表示されている食品は、糖質が100gもしくは100mlあたり2.5g以下であれば、「糖質オフ」と表示する事が出来ます。

栄養表示基準制度で糖類として表示しなくてよい糖質

糖アルコール類に属する、キシリトールなどの甘味料、多糖類であるオリゴ糖などは糖質ですが糖類ではないとされています。なので、「糖類ゼロ」は「糖質ゼロ」より注意をして原材料をチェックしてから商品を購入する必要がありますね。砂糖より甘みは少なくても、カロリーはあることになります。

人工甘味料の「カロリーゼロ」には要注意!

「糖質ゼロ」「糖類0」の他に「カロリーゼロ」と表示されている食品もありますね。「カロリーゼロ」は100gもしくは100mlあたり5kcalまでであれば、完全にカロリーゼロでなくても「カロリーゼロ」「カロリーフリー」などと表示する事ができます。

カロリーゼロで甘さのあるものは人工甘味料が使われている場合がほとんどです。人工甘味料は甘みの中毒になると言われており、カロリーゼロを摂取することで、肥満になる原因を作ってしまう事や、肥満ホルモンともよばれるインスリンや、インスリン分泌をうながす、インクレチンなどに影響を及ぼす事が近年の研究で多く発表されるようになってきました。

カロリーゼロだからといって「飲みすぎ」「食べ過ぎ」てしまうと知らないうちに結構なカロリーを摂取していた!なんてことに。

ダイエット中の「カロリーゼロ」商品は「どうしても甘いものが我慢できない時に少量とる」などルールを決めて上手に取り入れたいものですね。

カテゴリ別ニュース