ダイエット中だってビュッフェに行きたい!食べ方のコツ教えます♡

シルバーウィークいかがお過ごしでしょうか? テレビ、雑誌でホテルでの豪華ビュッフェが特集されていてますね。ダイエット中だから...と言って絶対行ってはNGではないんです。ダイエット中だってたまには、息抜きも大切! でもどか食いしてはせっかくの努力がムダになり後悔なんてことに。管理栄養士の視点から、後悔せずビュッフェを楽しむコツを教えます!

満腹中枢をうまく利用する!

ポイントは最初の15分

食欲をコントロールしているのは、脳の満腹中枢というところです。脳が満腹中枢を刺激して「お腹いっぱい!」と感じるまでに一般的に15分はかかると言われています。

なので、最初の15分で高カロリーなものを食べてしまうとかなりの摂取カロリーをとってしまうことになります。

そこで、最初の15分はゆっくりお野菜を食べるとその後の食事をどか食いすることなく楽しめるようになるんです。

よく噛むことも大切!

ビュッフェに行くと、あれもこれも!早く次のお料理を取りにいかないと! と思わず飲み込むように食べていたという経験、身に覚えがありませんか? 噛まずに食べると満腹中枢が刺激されず、満腹感が感じづらくなります。

通常のお食事もそうですが、よく噛むというというのはビュッフェでは大事なポイントに!いつものお食事より意識してみてください。

お皿に山のようにお料理をのせて飲み込むように食べるのはNGです!

色を意識して、少しづつ色々な物を!

お皿にのせる量は種類を多く、量は少なめにとるのがオススメです。お皿のったお料理が、キレイな色になるとバランスよく栄養素がとれている場合が多いです。気になる料理はお友達とシェアして食べるのもいいですね♪

ダイエット中のビュッフェの楽しみ方、ぜひ参考にしてみだくさいね。楽しいシルバーウィークをお過ごしください!

カテゴリ別ニュース