【歯並びが悪いと太る?】 無意識に選ぶ食べ物に注意!

上下のあご、それぞれの歯並びと、その二つの歯並びの当たり具合で決まる「噛み合わせ」。この噛み合わせが不調の場合、無意識に太りやすい食べ物を選んでしまう傾向にあるそう。これは要注意!

どういうこと?

噛み合わせが不調な場合

噛み合わせが不調な場合、野菜、果物、肉類といった噛みごたえのある食品を避けがちになり、代謝や排出に欠かせないミネラル、ビタミン、食物繊維の摂取量が減ってしまう傾向に。

一方で、より噛みやすい食べ物を選ぶ傾向にあることで、食べやすい穀物類の摂取量が増えるという結果にもつながるというわけ。

つまり、噛み合わせが悪いと、無意識に太りやすい食べ物を選んでしまうということなのですね。

生まれつき、噛み合わせが悪くても大丈夫!

上下それぞれの額骨に対する歯の位置と、上・下顎の対向する位置関係は、おおよそ遺伝や成長、発育で自然に決まってくるもの。

噛み合わせが悪い場合でも、肉類のような粘りとコシがあるものを意識的にしっかり丁寧に噛んで食べることで、噛む力(咀嚼能力)を鍛え、ある程度の噛み合わせの調整はできるそう。

良質な肉類は、筋肉のもととなるたんぱく質を多く含むダイエットには欠かせない食品です。きちんと意識して毎日の食事でとることが、とっても大切です!

たんぱく質たっぷり!お肉のレシピをご紹介

クックパッド ダイエットのオリジナル! クリスマスにピッタリ!ヘルシーおもてなしメニューで、噛み合わせ調整&ダイエット♪ これ全部で、まさかの406kcalです!

・豚ヒレ肉のグリル はちみつマスタードソース
・空芯大根とベビーリーフのサラダ 塩こうじドレッシング
・カラフルトマトスープ
・バケット

-->>クリスマスにピッタリ!ヘルシーおもてなしレシピを見る

お話を伺った方

白金台矯正歯科クリニック 本澤興人院長

矯正方法の多様化に対応し、クリアなマウスピースを使い治療を行う「インビザライン」をいちはやく導入。「インビザライン」では、自分の歯型から歯列矯正の未来予想図を設計したシミュレーションがみられるのでイメージがわきやすい。無料カウンセリングも実施中。
-->>白金台矯正歯科クリニックのHPはコチラ

カテゴリ別ニュース