【ダイエットレシピまとめ】“130kcal以下”お花見や行楽に♪お弁当おかずレシピ4選

今回は、お花見など行楽シーズンにもピッタリなお弁当おかずレシピをご紹介します。彩りもよくヘルシーで嬉しいメニューばかりなので、ぜひお試しくださいね♪ ダイエットプラスラボの管理栄養士がダイエットために考案したレシピで、きれいにダイエットを成功させてみませんか?

おすすめダイエットレシピをご紹介♪

1.【120kca】豚ヒレ肉のネギ味噌焼き

“低脂肪高たんぱく質で炭水化物の代謝も助けてくれるビタミンB1が豊富な豚ヒレ肉をネギ味噌で漬けて焼くだけの簡単おかずです。”

材料(一人分)

豚ヒレ肉80g
★味噌小さじ1
★みりん 小さじ1
★ねぎ(みじん切り)大さじ1(10g)

作り方

1)豚ヒレ肉は1cm幅に切って、★の材料を混ぜ合わせたものに15分以上漬けておく。
2)フライパンにクッキングシートを敷いて、弱火で両面がこんがりするまで焼く。

コツ・ポイント

クッキングシートを使うことでオイルを使わなくて良いですし、後片付けも簡単です。グリルで焼いても香ばしくて良いです。

2.【126kcal】新じゃがとアスパラのスパニッシュ風卵焼き

“いつものお弁当の卵焼きにじゃがいもや、アスパラガスを入れてビタミンCや食物繊維を補給。噛みごたえもアップします。”

材料(一人分)

卵1個(可食部50g)
新じゃがいも1/2個(50g)
アスパラガス1本(20g)
塩少々
こしょう少々
オリーブオイル 小さじ1/4

作り方

1)新じゃがいもは皮ごと1cm角に、アスパラガスは固い部分を切って、1cm幅に切り、電子レンジ(500W)で1分半加熱する。
2)ボウルに卵を割り入れてよく溶き、塩、こしょうをふり、荒熱を取った①を混ぜ合わせておく。
3)熱したフライパンに、オリーブオイルをひき、②を流し入れて、端に寄せて形を作りながら、焼く。
4)荒熱が取れたら、4等分に切る。

コツ・ポイント

工程①では、じゃがいもやアスパラガスを洗ったときの水分を残したまま、ふんわりラップをかけて電子レジンで加熱すると加熱ムラもなく出来上がります。
工程③の焼くときには、最初から端の方に寄せておくと良いですよ。

ーーーー>>次のページでは、【40kcal以下】旬野菜のお弁当おかずレシピ2品ご紹介しています。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース