新感覚!【ドラフトコーヒー】を飲むだけの簡単ダイエット方法とは?

今年ブームの予感【ドラフトコーヒー】は、黒ビールのようなアイスコーヒー。クリーミーな泡でブラックコーヒーがまろやかになるから、お砂糖も牛乳もなくてもOK。ダイエッターにも嬉しいコーヒーです。実はこのドラフトコーヒーがインスタントコーヒーで簡単に作れて、ダイエットにも効果的?!管理栄養士が解説します!

ドラフトコーヒーってなに?

まるで黒ビール!?

ドラフトビールとは、ビールサーバーのような機械でサーブされるコーヒーのことです。窒素で泡を作るから、まるで黒ビールのようなアイスコーヒーです。実は、アメリカで2014年にブレイクしていました。日本でも今年ブームの予感です♪しかし、このコーヒーサーバーは特注品なので、日本ではまだ数店舗しかドラフトコーヒーを飲めるお店がないのが現状です。
コーヒー好きさんには必見!今すぐ飲みたいなら、おうちでドラフトコーヒーを作ってみましょう!クックパッドにお寄せいただいたレシピで「ドラフトコーヒー」を発見しましたよ!

”コーヒーを泡立てるだけ✩ビールに見えるかも⁈”

クックパッドでレシピを見る
出典:クックパッド「ぶくぶく珈琲*黒ビール? by yukitarooo 」

”おうち’’ドラフトコーヒーの材料はただ一つ!

インスタントコーヒー(粉末や液状タイプなど、水で溶けるタイプだと更に簡単)だけで作れるのが魅力的!
さらに、100円ショップで手に入る電動式泡だて器(ミルクフォーム・カプチーノミキサー)があると、面白いくらいきれいに泡立ちドラフトコーヒーを再現できますよ。

作り方は、いたってシンプル♪
インスタントコーヒーに冷たい水を加えて電動泡だて器で混ぜるだけ!
ガムシロップやお砂糖を加えたい方は混ぜる前に加えておきましょう。

私でも簡単にドラフトコーヒーできちゃいました。

更に嬉しい!コーヒーのダイエット効果とは?!

最近の研究では、1日3杯のコーヒーが病気を遠ざけるとの発表がされました。
さらには、ダイエット効果があるともいわれ、数々の研究も報告されています。コーヒー代表的なダイエット効果は5つ

1.カフェインとコーヒーの黒い色素のクロロゲン酸が【脂肪燃焼】を促進させる
2.カフェインが【代謝を上げる】
3.クロロゲン酸が血糖値の急上昇を抑えることで【糖の吸収をゆるやかにする】
4.カフェインの摂った30分~1時間後に交感神経を優位になります。交感神経が優位になると食欲が抑えられるため、食後のコーヒーで【過食にブレーキをかけます】
5.カフェインを飲んだ直後は副交感神経を優位にすることで腸が刺激され蠕動運動がおこり、【便秘を改善します】

ダイエット中はブラックで楽しみましょう♪

コーヒー3杯分のカフェインやクロロゲン酸の量が健康効果やダイエット効果があるといわれ、レギュラーコーヒーでもインスタントコーヒーでも同じように効果が期待できます。しかしコーヒーのダイエット効果は、「お砂糖やコーヒーミルクを入れない場合」に限ります。毎回コーヒーを飲む際に、砂糖を入れてしまうと急激に血糖値が上がったり下がったりして、カラダは糖を吸収しやすくなります。牛乳やコーヒークリームも毎回入れた場合は、カロリーが気になるので要注意。ブラックで飲んでこそコーヒーのダイエット効果が期待できますよ!しかしブラックコーヒーは苦手という方に、苦みを感じにくいドラフトコーヒーをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?ドラフトコーヒーを飲んだ時、はじめに唇に泡が触れます。クリーミーな泡が唇や舌に触れるため、コーヒーの苦みが感じにくいのです。お砂糖や牛乳がたっぷり入っていないと、コーヒーは苦手!という方もこのきめ細やかな泡とまろやかなコーヒーの味ならブラックのおいしさに目覚めるかもしれません。ドラフトコーヒーを味方につけて、美味しく爽快に夏とダイエットを乗り切りましょう。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース