ヘルシーと思ったら大間違い!野菜サラダの食べ方にも注意が必要だった?!

ヘルシーと思ったら大間違い!野菜サラダの食べ方にも注意が必要だった?!

ヘルシーなイメージがある野菜サラダですが、食べる時に気をつけなくてはならない落とし穴があるのをご存知ですか?

野菜サラダの食べ方にもご注意を!

野菜サラダを食べて、ダイエットスタート

ダイエットを始めようと思って、多くの方が意識して食べ始めるものと言えば、野菜サラダ。野菜サラダは低カロリーで、野菜に含まれるビタミン・ミネラルを摂ることができます。さらに、シャキシャキとした歯ごたえがあるため、よく噛むことにも繋がり、早食いの防止効果もあります。空腹のお腹を満足させるダイエットの味方こそは野菜サラダです。しかし、この野菜サラダを食べる時に気をつけなくてはならない落とし穴があるのをご存知ですか?

ドレッシングのカロリーに要注意

味にバリエーションを付けようと色々なドレッシングで気分転換というのは楽しいですね。しかし、ドレッシングは種類によって、カロリーが大幅に異なります。最も高カロリーなのは、マヨネーズや胡麻クリームドレッシング、シーザードレッシングのような、クリーミーで乳白色のもの。カレースプーン1杯でも80キロカロリーほどあり、おにぎり1/2個分に相当します。たっぷりの野菜にたっぷりのドレッシングをかけていては、ダイエットには逆効果なわけです。ドレッシングではノンオイルタイプや和風タイプが低カロリーでお勧めです。

野菜もカロリーで気をつけるものが...

野菜自体にもカロリーの高いものもあります。食品分類で芋類に属するものです。じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、長芋、里芋は糖分が多く含まれるため、カロリーも高めです。これらは野菜だからと言って食べ過ぎには要注意。さらに、ポテトサラダやかぼちゃサラダのように、マヨネーズで和えたものはマヨネーズもたっぷりめに使用しているため、サラダと言えども高カロリーなのです。

使い方を賢く!

野菜にドレッシングを上からかけるよりも、全体にからめて和えた方が使用量は少なく済みます。また、新鮮な美味しい野菜であれば、あえて味を加えなくてもそのままでも十分美味しくいただけますね。1日の野菜の目標量350gを全てサラダから摂ることは困難ですが、生野菜には熱に弱い酵素やビタミンをそのまま摂ることができるというメリットがあります。野菜サラダの食べ方も改めて注意して、たっぷりといただきましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース